はじめに      支部責任者

 この地上に天国を造るという主神様の御意図を具現化するために、
メシヤ様がこの世に御降臨されて、今まで間違って進んできた文化の
過ちを正すべく、
「医学革命」「宗教改革」を訴えられ、その為の
具体的手段として、人類を救うために
「浄霊」という神業と、今まで
人類に明らかにされなかった真理を教えるために数多くの
「御教え」
を示されました。

 また、主神様は理想世界建設の為、人間を使役して、その時代時代
に必要な営みを積み重ね、人間は生き変わり死に変わりしつつ、輪廻
転生を繰り返して現在を迎えているのですが、そうした営みの積み重
ねの中にも、その時代背景が夜の時代であったがために、生き抜いて
いくために身に付けた、どちらかというと
悪い癖のようなものが染み
付いております。そのために、夜から昼への
転換期の現在にあって
は、
自らの魂に染み付いている癖を取ると共に、魂の曇りを取って、
曇りの少ない魂の持ち主にならなければ、地上天国に住する人間には
なり得ないわけであります。


また、地上天国の住人としての資格ということについて、メシヤ様は
御教えの中で、
病気のない健康人、貧苦から脱出した人間、和を好み
争いを嫌う人間
ということを示されておられますが、その為には、や
はり
御教えの拝読を徹底すると共に、御教えに沿った行動・・・多く
の人を救い徳積みを重ねつつ、曇りの少ない魂の持ち主となることが
不可欠です。


その為には、メシヤ様の御神格を深く覚らせていただくと共に、日常
生活の行動規範
として、多くの御教えの中から抜粋して作ったものが
「信仰の手引き」でありました。私自身も、この編集した資料に目を
通して、
自らの魂を磨き心を浄めると共に、その実践を通して魂に染
み付いた癖を取るように務める
と共に霊性の向上を目指して、日々こ
つこつと積み上げさせていただいております。


そして、多くの人を救うことの出来る、奇蹟のいただける浄霊力を身
に付けさせていただきたいという願いから、数多ある御教えの中から

「浄霊」に関するものを抜粋して「神示の宗教医学」として編集し、
自らの浄霊実践に役立てております。


 しかし、それだけではまだまだ不十分です。

体が悪くなったり病気になったりした時に浄霊をいただいて、毒素を
焼尽して健康を取り戻しますが、その後の生活が病気になる以前と同
じでは何も改善しません。浄霊を受け毒素を体外に排泄して健康にな
る、しかし、体内に毒素を入れる、また浄霊をして毒素を取る、また
体内に毒素を入れるという
鼬ごっこでは、いつまで経っても本来の健
康体にはなれません。


浄霊をして体内の毒素を焼尽すると共に、体内に毒素を入れない生活
をしていかなければ、またそのように心掛けなければ、メシヤ様の信
者としては如何なものでありましょうか。


この体内に毒素を入れない生活とは・・・具体的には、「食べる」と
いうことで主であり、これは人間として必要不可欠のものです。農業
における農薬、化学肥料の害、残留農薬による複合汚染、食品につい
て言えば、着色料、添加物、合成保存料、防腐剤等、また、身近な環
境問題についていえばシックハウス問題、このように口から入る毒素
や皮膚から入る毒素、更には空気に混入して体内に入る毒素・・・皆
さんもご存知のように、このような物質は体内では分解されないの
で、
体内に残留曇りの発生原因に、また病気の原因にもなります。
メシヤ様が「目の前に食べ物が山とあっても食べられない時代が来
る」
と言われていたのは、まさに現在の状況ではないでしょうか。


 このようなことにならないようにということで、メシヤ様は「食
と農」
について、「自然農法」を提唱し、「食事」についても多く
の御教えを私達にお示し下さっておられますが、多くの関連教団に於
いては、「自然農法」と「自然食」を提唱している教団も多く存在し
ますが、御教えに書かれているにも拘らず、この程度はいいと教団幹
部が勝手に判断して信者に伝え実践させていたり、これ以外の添加物
はいいとして承認していたり、中には食べ物に浄霊して食べればいい
というようなことを言っている所もあるようです。そこには、余りに
御教えとかけ離れた現状があります。


そこでこの度は、メシヤ様の多くの御教えの中から、「食と農」
いうことについて、
「自然農法について」「食について」というタ
イトルで御教えを抜粋して整理しました。十分な整理ではないと思い
ますが、不備なところは今後修正しつつ、さらにいいものに仕上げて
いきたいと思っております。


信者として、日々の食生活に気を配ると共に、日常使う(シャンプー
やリンスをはじめとする)ケア商品にも気を使って生活する必要があ
ると思います。また、一坪でも土地があれば家庭菜園など実施してい
ただき、田や畑を所有しておられる家庭であれば、何とか自然農法の
実践に向けて、少しの土地からでもいいので切り替えて取り組んでい
ただければ嬉しく思います。この整理した内容が皆さんの生活の一助
になれば幸いです。


「誠」とは・・・メシヤ様へ対する信者としての「誠」とは・・・献
金するとか奉仕するとか、そういうことも確かに大切ではあります
が、メシヤ様は、『私の言ったことを一つでも半分でも実行してくれ
る方がうれしい』
と仰っておられますので、御教えの実践こそが、メ
シヤ様に対する本当の「誠」の証しではないでしょうか。よろしくお
願い致します。







                   「食と農」の掲載内容一覧

A、総 論
 A-1、御教え研鑽に当たって  A-2-8、使用不可な肥料と堆肥について  A-3-3、自然農法に関する歌
 A-2、現代農法の誤謬  A-2-9、寄生虫問題について  A-3-4、自然農法の優秀性
 A-2-1、従来の農法について  A-2-10、害虫等について  A-3-5、作物にも感情がある
 A-2-2、不作の原因  A-2-11、災害について  A-3-6、自然農法と信仰
 A-2-3、農耕者が陥っている迷信  A-2-12、自然の肥料  A-3-7、自然農法と浄霊
 A-2-4、既存の肥料について    A-3-8、今後の計画
 A-2-5、糞尿肥料と科学肥料の害  A-3、自然農法について  
 A-2-6、糞尿の処理について  A-3-1、自然農法の理念  
 A-2-7、消毒薬について  A-3-2、自然農法への想い  
B、各 論
 B-1、栽培に関する諸注意  B-10-1、稲と苗関連  B-11-1-③、その他
 B-2、自然農法への転換移行期間  B-10-2、田の土について  B-11-1-④、家庭菜園について
 B-3、新たな開墾地での栽培は  B-10-3、籾蒔、苗代等について  B-11-2、その他の農業
 B-4、土壌について  B-10-4、水に関する事  B-11-2-①、養蚕について
 B-5、堆肥について  B-10-5、二期作と二毛作について  B-11-2-②、果樹について
 B-5-1、堆肥についての御垂示  B-10-6、分蘖について  B-11-2-③、花について
 B-5-2、藁について  B-10-7、その他  B-11-3、その他
 B-6、種子について  B-10-8、麦について  B-11-4、参考文献
 B-7、連作について  B-11、「畑(野菜)」等について  
 B-8、客土について  B-11-1、色々な野菜について  
 B-9、深耕について  B-11-1-①、「芋類」について  
 B-10、「田(稲)」等について  B-11-1-②、栽培法について  

 

 1、人は健康が常態   9-2、菜食について  11-6、下痢している時の果物について
  1-1、健康保持は自然順応  10、食餌について  11-7、その他
 2、現代の健康法の問題点  10-1、動物性と植物性の食餌について  12、乳幼児の食事と食物について
 3、現代栄養学の誤謬   10-2、食餌の方法  13、酒と煙草について
 4、サプリメント飲用の誤謬   10-3、農家の食事  14、農薬、化学肥料の人体への害
  4-1、栄養注射の害   10-4、病人に対する食事  15、長寿の秘訣について
 5、栄養の根本  11、食物について   15-1、仙人の例
 6、よく嚼(カ)むということについて   11-1、陰と陽の食物について   15-2、メシヤ様の健康法
 7、牛乳について   11-2、体内機能と食物    《参考資料》
 8、胃を強く、健康にするには   11-3、食物の特色  
 9、肉食と菜食について  11-4、味覚と食物  
  9-1、肉食について  11-5、食べ合わせについて