神 は 在 る か                     (信  昭和二十四年一月二十五日)

  此の問題に就いては昔から今日迄論議されていて、未だ解決は付かないが、之に就て先づ私自身の経験をかいてみよう。といふのは私は三十二三歳の頃までは極端な無神論者で、神社の前を通っても決して礼拝をした事がない。その理由は斯うである。凡そ神社の神体なるものは、木製の御宮と称する屋根と扉のある小さな一個の筥(ハコ)を作り、その中には金属製の鏡か石塊(イシコロ)か又は文字の書いた紙片があるばかりで、それを拝むといふ事は何の意味もないではないか、従而それを拝むなどといふ事は迷信以外の何物でもないと決めてゐたのである。其の頃私は哲学に趣味を持ち、当時流行してゐたドイツの哲学者オイケンの説に共鳴したが、その中に斯ういう事がある。
元来人間は  何かを拝まなければゐられないという本能がある。野蛮人は木か石で何かの形を造り、それを立てて拝んで満足してゐる。文明人はそれの高等なるもので、偉人などの死後その霊を偶像化して拝む。其の際供物を供え、華などを上げるが、それは必ず拝者の方に向けられる。神に捧ぐるものなら神の方へ向かせるべきではないか、そうしないのは全く自己満足の為でしかないというのである。というやうな訳で私は極端な無神論者であった。当時の私を省みる時、今日恐ろしい気がする位である。故に今日無神論者の話を聞いてもよく判り得るのである。そうしてゐる中に私は運命の大転換をせざるを得なくなった。それは事業の大失敗と時を同じうして、妻の死である。永年に渉り粒々辛苦して作った財産も失ひ、反って大きな負債を負う事になり、悲観のドン底に陥ったが、そのような時に誰しも辿るのは信仰への道で、苦しい時の神頼みである。私も同様信仰を求めざるを得なくなり、種々の宗教を漁ってみたが余り魅力を感ずるものはなかったが、中で独り当時流行の大本教に魅力を感じたので遂に入信し、漸次熱心な信者となった。然し乍ら私の疑ひ深い性格は全身全霊を打込むまでには到らなかったが、無神論だけはどうやら解消した。確かに神は此の世に在るといふ事を知ったからである。その事は次項に譲るが、当時私の生活は奇蹟の連続であった。疑えば疑ふ程その疑ひを解かざるを得ない奇蹟が現はれる。どう考へても理屈では解らない。神は在るといふ訳で、一人の頑迷なる無神論者も、神の前に頭を下げざるを得なくなったが、そればかりではない、私の現世に生れた大使命を、或る形式によってマザマザと知らされた。愈々私も大決心をしなければならない。それは一切を放擲し、信仰、否人類救済の大聖業に邁進しなければならないといふ事で今日に及んだのである。

       プロテスタントとカトリック        (信  昭和二十四年一月二十五日)

  私はキリスト教に就て少しく話したい事がある。それはプロテスタントの無教会主義と、カトリックの教会主義との意見の相違である。無教会主義とは読んで字の如く『教会を必要としない、聖書一本で進むべきである』というに対し、教会主義は「キリスト昇天後教会が先に出来、聖書は後から出版されたものであるから、教会は重要である」と言うのである。之に就て何れが是か非か、私の見解を述べさしてもらいたいと思う。此問題に対し孰れも理由があるが、私は霊的方面から解釈してみよう。
  霊界に於ては、霊体一致の法則に従って、霊と物質の一致が原則である。即ち霊が何等かの目的を遂行せんとする場合、物質を利用しなければならない事がある。例えば神仏を招聘し、その御霊徳を授与されたい場合、出来るだけ清浄なる土地へ、教会又は神社堂宇を建立し、祭壇又は御神体、仏像等を安置し、香華(コウゲ)を手向け、御饌御酒(ミケミキ)を献供し恭しく礼拝祈願すべきで、それによって高貴なる神仏も降下又は鎮座ましますのである。そうして危急の場合は、何時如何なる場所にゐて祈願するとも一瞬にして神仏の霊は身近に来り給ひ、御守護下されるのである。然し乍らプロテスタントの如く物質を介せず、空間に向って祈る場合、其誠は神霊に通じ、或程度の御加護のある事は間違いないが、相応の理によって、どうしても其御加護は薄い訳になるのである。之に就て霊と物質との関係をかいてみよう。
  霊界に於ては神仏の霊は素より、人霊も、動物霊も、凡て何等かの物質に、神懸り、又は憑依するものである。例へばキリストは十字架へ、諸神諸仏は文字、御鏡(ミカガミ)、絵画、彫像等へ懸り給ひ、人霊は多く文字へ憑依され、動物霊は人体又は文字、稲荷なら狐の形状したもの、御札等へ、龍神は文字又は蛇形のもの、石塊(イシコロ)等である。右の場合高級の神霊仏霊は、其作者の人格に関係するので、昔から名僧智識や名人等の絵画彫刻は貴重な物とされた訳である。
  斯ういう事もある。外国の霊が日本へ渡来する場合、霊のみにて空間を渡来する事は出来ない。それは霊の往来する範囲は階級によって限定されてゐるからで、そこで止むなく物質に憑依する、即ち共産主義の霊などは多くマルクスの著書に憑依して渡来し、その霊が各大学の講堂の壁面に並んでゐるそうで、その姿を霊視した人から私は聞いた事がある。又中華民国の霊なども種々の品物に憑依して渡来するそうである。同様日本の霊も品物に憑依して海外へ渡航するのであるが、神仏の霊は高位になる程往来する範囲が広く、地球全体に及ぼし給うのは最高貴の神仏である。
  以上の理によって、彼の偶像説の誤りである事を知るであろう。


妙智之光                『地上天国』2号、昭和24(1949)年3月1日発行
【問】人間往生すると北枕に寝かし、着物を左前にしたり、逆さに掛けたり、逆さ屏風にしたり、死体の上に刀を置いたりする習慣になっていますがこれはいかなるわけでしょうか。
【答】元来方角から言って北は霊、南は体である。人間が死ぬと霊になるので、北へ向かって往くのが本当である。往生するとき、天国へ往く霊は額から、地獄界へ落ちるのは足の親指から、八衢へ往くのは臍から、それぞれ脱出するのであるが、天国行の霊は少ないことは勿論でとにかく天国へ行くようにという意味から北枕にするのである。そうして方角のうち北が主で一番位が高く霊気が濃いのである。
 北とは言霊学上気足で、すなわち霊が満ちてることで磁石が北を指すのもそのためである。従って、体は南へ、霊は北に属する。これが原則である。故に生きた人間とても北枕にしたほうがよい。昔から頭寒足熱というが頭を冷たく、足を温めるわけで私は昔から北枕にしている。しかし北枕がいいと言っても床の間が南になっている場合は不可である。
 死者に着物を左前にしたり逆さにかけたりするのは現界と霊界は逆であるからで、すべて反対が理屈に合うこととなる。
 刀は魔除けのためにおくので、死人を魔が狙うとか、猫や邪霊などがいたずらをするというわけだがそんなことはないので、これらは生きてる人の気慰めにすぎない。

【問】恋愛について。
【答】この問題は非常に広く多角的なものであるから端的にこうということは言えない。ふつうの恋愛すなわち純粋の恋愛は神様から与えられた御恵みで、これは結構なものである。しかしバーナード・ショウは「恋愛は子孫を絶やさぬための一種の手段である」と言ったが、まったく穿ってはいるが冷たい見方である。本来恋愛そのものは悪いものではないが、恋愛にも正邪があるのであってそこに正しい判別を要するのである。
 本当の純愛で結婚が成立するのは勿論善いことであるが、いっぽうに妻あり夫がありながら、他の者に恋愛すればそのために結局人を苦しめることとなるから罪を作るので、よく考えなくてはならぬ。一時的の享楽のために大きな苦しみを得ることははなはだつまらぬことである。すべからく叡智と道義を本として判別すべきである。
 ただし右のごとき恋愛でも想念だけならたいした罪にはならないが行動に移すと罪になるのである。

  薬剤等(飲み薬)について(3)

「(中略)其外脳に対する鎮静剤、点眼薬、含嗽薬、利尿剤、毒下し、温め薬、強壮剤、増血剤、風邪引かぬ薬、咳止、痛み止等々凡ゆる薬剤は、悉く病気増悪の原因となっても、病気を治し得るものは一つもないのである。それに就て種々な実例を示してみるが、先づ頭痛に用ひる鎮痛剤など、一時は一寸効果を見せるが、遂には癖になって、不知不識の裡に其余毒が溜り、種々な病原となる。又点眼薬は最も不可で、目星などでも固めて了ふから、反って治り難くなる。又世人は知らないが、点眼薬はトラホームの原因ともなるから注意すべきである。之は点眼薬にもよるが、事実は眼瞼の粘膜へ薬毒が滲透し、年月を経て発疹となって出ようとするからである。又悲しくもないのに常に涙の出る人は、点眼薬が時を経て涙に変化したものであるから、出るだけ出れは自然に治って了ふ。処が医学は涙嚢の故障などといふが、見当違ひも甚だしい。又目脂は前頭部の毒素又は眼の奥の浄化によって排泄されるものであるから非常にいいので、何よりも如何なる眼病でも目脂が出るやうになれば必ず治るのである。
  次は鼻薬であるが、鼻薬の中、特に恐るべきはコカイン中毒である。よくコカインを吸ふ癖の人があるが、一時爽快なので止められなくなり、長い間に脳を冒して、夭折する人も少なくないが、特に芸能人に多いやうである。
  次に含嗽薬であるが、之は極く稀薄な毒ではあるが、始終用ひてゐると、口内の粘膜に滲透し、毒素となって排泄する時、粘膜が荒れたり、加答児を起したり、舌がザラザラしたり、小さな腫物など出来たりするから廃めた方がいい。特に咽喉を使ふ芸能人には最も悪い。又一般水薬に就ても同じ事が言える。長い間にヤハリ粘膜から滲透した薬毒は右と同様になるが、薬が強い為悪性である。而も意外な事には舌癌も之が原因である。処が医学は薬で治そうとするから、病を追加する訳である。又薬入り歯磨なども、歯を弱める事甚だしいのである。(中略)」
(「薬毒の種々相」文創  S27.)
「(中略)それは有名な仁丹で、此中毒も相当なもので、之は幾人もの例で知った事だが、仁丹常用者は消化機能が弱り、顔色も悪く病気に罹り易くなる。今日問題となってゐる麻薬中毒の軽いやうなものである。(中略)」          (「薬毒の種々相」文創  S27.)
「(中略)最も不可であるのは、薬剤と氷冷である。元来薬剤とは如何なるものであるかといふと悉く毒物である。にも拘はらず何故毒物を薬剤として用ひるやうになったかといふと、今迄に説いた如く、浄化作用停止に最も効果があるからである。(中略)」 (「肺炎と結核」文創  S27)

「(中略)体に発生する濁血とは何であるかといふに、之こそ実に意外千万にも医療の王座を占めてゐる処の彼の薬剤であるのである。といふのは本来薬といふものは此世の中には一つもない。現在薬とされてゐるものは悉く毒であって、其毒を体内に入れるとしたら、それによって濁血が作られるのは当然である。何よりも事実がよく証明してゐる。それは病気が医療を受け乍ら長引いたり悪化したり、余病が発るといふ事は、薬毒によって病気が作られるからである。(中略)」                        (「霊主体従」文創  S27.)

「(中略)そこにいくと西洋の薬は、顔色は割合に悪くなりませんし、漢方薬ほどに命にはいきません。しかし西洋の薬も、近頃は漢方薬に負けずになって、ペニシリンとかやってますが、これがずーっと行くと、一時寿命が延びて、それから先になると縮んで来ます。だからこれからはそういう新しい薬が恐ろしいのです。効くという事は、つまり毒が多いのです。(中略)」
(「御教集19号」  S28.2.17)
「(中略)薬毒は直ぐにはなくならない。二代か三代ですね。三代位ですね。三年位からやつと肥毒が抜けるのと同じですね。薬は三代経つたら殆んど抜ける。(中略)」
(「垂示3号」  S26.10.5)

不思議な夢              『地上天国』5号、昭和24(1949)年6月25日発行
                  山梨県山梨郡勝沼町等々力 日本五六七教地久会 内田松子(36)
 私は十九才の時に喘息に罹患、以来医師や薬とあらゆる手段を尽し、信仰にも種々と入って見ましたが、少しも救わる事なく現在苦悶の毎日を過しております。
 たまたま、観音様の御霊徳の有難い御話を承り、近所の地久会の会員で入信していられる方の所へ御訪ねして浄霊して戴きました。私はその方に浄霊を受けている間に殆んど失神状態となってしまいました。そして数日前に逝去したばかりの実兄の霊が、失神した私の身に移って種々と生前の苦悩やその他の秘密の懺悔を致したり、また死後の遺族に対して仏につかえる行為が真実性がない等と訴えたり致しました。
 またその霊の兄は復員致してから私と同じ喘息が発作致して死にましたが、また母も数年前に長い間の喘息を患って死にました。そして母方の一族はことごとく死に断えてしまいました。兄の霊は生前中に人を過失致死させたので、その遺族の生霊に呪われて死んだのが残念だと告白致してありました。浄霊をして頂きましたら兄の霊は私の身から去って帰りました。私はしばらくの間呆然としましたが、次第に我にかえると胸の重い苦しみも無くなり、清々として帰る事が出来ました。
 それから二日目にまた浄霊を受けに御伺いして、お茶を御馳走になり御茶菓子のパンを土産に頂いて帰り、その夜深更龍神の夢を見ました。夢は大海か沙漠か分らぬ中に立派な船があって、その船に私は乗せられました。船は自然に浮上して空に上昇して行きます。その船中で私は一室に閉込められましたが、それは龍神の体内でした。そして龍神は私にここにてお前の体内に在る汚物を、全部排出せよ。しからば健康体と成りむと言い、小さな包を下さいました。そして次に来る時はもっと有難い物を授けんと申されました。船はいつしか下降しておりました。貰った包は茶菓子に頂いた五つのパンでした。私は夢から覚めて御不浄へ二度参りましたが、用が足らず出て参りましたら、廊下で夢中の事が現実となりて自然に排出してしまいました。これも観音様の御霊徳と思い感謝致しております。