このミニ講座は月に一
度、メシヤ講座とは別に当
支部で開催している勉強会
をミニ講座として会員等が
学んだ内容を掲載していま
す。

 たまには、ページ数が多
い時もありますが、どの月
もほぼA4版にして約6ペー
ジ前後でまとめてあり、1
時間程度で読めるようにし
ています。

 もし、皆さんの信仰の向
上に役立つようであれば、
ご自由にコピーして御使い
下さい。

 

 当HPのご利用に当って
は、閲覧される方の自己責
任に基づいてお願いしま
す。

 

※何か質問などある場合
は、「お問い合わせ・質問
等」の欄よりメールでお願
いします。

平成28年12月度 ミニ講座

 ミクラタナの神様について

  「一つの神秘」               (栄83号  昭和25年12月20日)

 先頃、私が入獄中、種々の神秘な事があったが、時期の関係上全部
知らせる訳にはゆかないから追々知らせるとして、今は只一つだけ
の事をかいてみよう。

 忘れもしない、今度の事件で留置されたのは、昭和廿五年五月廿九
日であったが、間もなく留置所にいるのは十八日間という神様から
のお知らせがあった。それは数えてみると六月十五日迄となる。処
が当日の二三日前位から一大神秘が起った。之も或程度以上は知ら
せられないから、其中の差支えない部分だけ茲にかいてみるが、確
か六月十三日であった。


朝から何となく腹が痛いので、そのままにしていた処、午後になる
と下腹部一面が猛烈な痛みとなって来た。多分急性腹膜炎だろうと
思ったのは、何しろ私の身体も、昔の薬毒がまだ相当残っていたか
ら、其塊りが溶けはじめたに違いないと思って、自分で浄霊した
処、どうやら我慢出来る程度にはなったが、まだ何となく気持の悪
い痛みが続いた。いつもなら二三十分も浄霊すれば治って了うの
に、此時ばかりは半日経っても、一日経ってもすっきりしない。と
うとう一晩中大した程でもないが、痛み通しで翌朝になって了っ
た。そこで私も不思議に堪えず、神様のお知らせを仰ぐと、之は大

きい御経綸の為で、止むを得ないのだから、少しの間我慢せよとの
事なので、どうしようもなかった。と共に"そうだ"翌六月十五日は
恰度十八日目に当る。而も、私の著書にもある通り、昼の世界にな
る黎明の第一歩が、昭和六年六月十五日である。としたら之に関聯
があるに違いない、つまり腹の中を充分清掃する為の準備的浄化、
という訳がハッキリ判った。(中略)


 愈々、六月十五日となった。すると朝まだき、今日の重大な意義が
ハッキリして来た。というのは以前かいた著書に、私のお腹の中に
光の玉があるという事で、之を読んだ人は知っているだろうが、此
光の玉には今迄魂がなかった。処が愈々今日○から○った或高位の
神様の魂が宿られた、即ち右の御魂が現世に生誕された事になるの
である。之から此神御魂が段々御育ちになり、成人されるに従っ
て、玉の光は漸次輝きを増し、将来大偉徳を発揮さるるに到るので
ある。


 そうして面白い事には、翌十六日には朝から食欲が全然ない。やっ
と昼頃になって牛乳だけが欲しくなったので、差入屋に頼んで取寄
せ、コップに一杯呑んだが、其美味さは格別だった。其時成程と思
った事は生れたばかりの赤ン坊だから、乳が呑みたいのは当り前
で、確かに之が型なんだ。という訳で愈々大経綸の第一歩を踏み出
す時となったのである。即ち花が散って実を結ぶという、其実の種
の中心のポチが、腹の中へ宿ったので、実に人類始まって以来の大
慶事である。処が此様な万人祝福すべき空前の重要神業が、一人の
部下もいない陰惨なる牢獄内で行われたという事は、何たる皮肉で

はなかろうかと、私は熟々惟われたのである。此一事によってみて
も、神様の経綸なるものは、如何に深遠微妙にして、人智を許さな
いものたる事を知るであろう。此前後の経路は法難手記にあるから
茲では略す事とする。




  「神人合一」     (栄155号  昭和27年5月7日)

「よく昔から神人合一という言葉があるが、実際からいってそうい
う人は、今迄に一人もなかったと私は思っている。成程釈迦、キリ
スト、マホメットの三大聖者にしても、神人合一の如く見ゆるが、
実は神意の伝達者であって、判り易く言えば神の取次者であったの
である。という訳で世人は神人合一と、神の取次者との区別を知ら
なかったのである。即ち神の取次者は神憑りや、神の命によって行
動するのであるから常に神や仏陀を祈り、其守護を仰ぐ事にしてい
るのである。


 処が私はそういう事は全然やらない。信者も知る如く、神を祈る事
もないし、神の指示を仰ぐ事もない。只自分の思うがままを実行し
ていればいい訳で、甚だ簡単である。としたら今迄に例のない事と
て、変に思うかも知れないから、茲に差支えない点だけをかいてみ
よう。いつも言う通り私の腹には光の玉がある。之は或最高の神様
の魂であるから、私の言動凡ては神様自身が、私を自由自在に動か
しているのである。つまり神と人との区別がない訳で、之が真の神
人合一なのである。


 従って私に在られます神霊は、最高の神位であるから、之以上の神
様は世の中にないのであるから、他の神様に頭を下げる意味はない
ので、何よりも信者が日々顕わしている奇蹟がそれを證拠立ててい
る。其奇蹟たるやキリストの顕わした奇蹟以上の奇蹟が、常に顕わ
れているので、私の弟子でもキリストに較べて何等劣る処はないの
であるから、此一事だけでも私の神格は想像つく筈である。


 今一つ言わねばならない事は、今日迄の悉くの聖者は、将来天国的
世界が実現するという予言はしたが、自分自身造るとは曰われなか
ったのは、全く神格が低く力が足りなかったからである。私は自分
自身が病貧争絶無の地上天国を造ると宣言しているのは、右の理由
によるからである。という訳で今後私は今迄にない幾多の驚くべき
経綸を行うから、それをよく見て貰いたいので、到底人間業とは考
えられないような事が、ドシドシ出て来るであろう。」




  「神様と私との関係」 (地57号  昭和29年2月25日)

 これは昔からよくある事だが、宗教の教祖や自称生神様などは、よ
く神様に伺いを立てるとか、神様の御託宣を仰ぐとかいって神憑り
になり、自問自答をしたり、自動書記や心に浮かぶ等の行り方であ
って、言わば間接的方法である。処が昔から神との交通はこの方法
より外にないのは衆知の通りである。処が私という者は全然異って
いて、未だ嘗て世界に例のない存在であるから、一通りかく必要が
あると思うのである。


 私も以前は神との交霊的方法によって御蔭を得た時代もあったが、
これは重大な事柄に限ったのである。その場合色々面白い事があっ
た。例えば心配事がある時など伺いを立てると、神様は何事も言わ
れず、只呵呵大笑されるのみで、私はハハア心配するなとの事と解
したのである。処が日の経つに従い果してその通りであったので、
今度は私の方も呵々大笑したので、こんな事も度々あった。そうし
て私が大本教信者であった頃は、国常立尊という神様が時折お憑り
になったが、その神様は崇高な威厳と厳しい霊感のあった事は今で
も覚えている。併し一番憑られたのは何といっても観音様で、絶え

間なしという位であった。勿論その時の気持は、何ともいえない和
かさで、大慈大悲の御心が溢れていたのである。(中略)


 まだ色々あるので何れはかくが、ここで言いたい事は現在の私であ
る。それは静岡事件の際留置所の中で、頗る神秘な神業が行われた
事はいつか話した事があるが、その時私の体内に入られたのが最高
最貴の○○○○○の神様であって、出所早々散花結実の書を千枚か
いて主なる信者に頒ち与えたのも、その時の経綸によったのであ
る。処がその時から後の私は、以前のように神様に伺う事は必要が
ない事になったのである。というのは神霊は私の体内に在す以上、
以前のように神と人との隔てが撤去され、神人合一の境地になった
からである。つまり神即人である以上、私の行う事は神直接である

から、私の思うままを行ればいい事になったのである。

 このような訳を知ってから分った事は、神様に伺うというのは、最
初にかいた通りこれまでの行り方であって、間接的である。処が今
度のようになった私としては、未だ嘗て世界に例のない事は勿論
で、釈迦、キリスト、マホメットの三大聖者は判らないが、恐らく
私程の神との直接的ではなかったと思うのである。何故なれば今日
残されている幾多の功績を見ても分るのである。




  「光の玉の中に心、種が入った」 
              (「御講話(速記)」昭和25年8月1日)

「(前略)私のお腹の中に光の玉があり、今迄中に心がなかった。そ
の種が六月十五日留置場中で入った。その種が髄になる訳である。
之は悉しくは言えぬ。大本教のお筆先の一輪の身魂で、種が育つに
従ひ、光の玉は大きくなる。そして現界は昼間になるし、現界に大
きな変化が起る。即ち大浄化が起る。今迄は霊界だけが昼間であっ
た。すると穢れのある所は凡て浄まって行く。之がキリストの言っ
た、世の終り、最後の審判-である。


 種は或所から-天から降る訳である。それから十日経って朝から、
大浄化が始まった。種は-人間でいえば赤ン坊である。十六日は何
にも喰べられぬ。乳が飲みたくなり、牛乳を呑んだ。十四日の日、
朝夢をみた。富士の山の上に御殿があり、そこへ上る。周りは夢に
も、景色-雪のあるうちで、未だ寒い訳で、梅の咲く頃である。昔
から一富士、二鷹、三茄子といい、斯んな良い夢はなく、明日は出
られる事と思ったら、翌日「君出なさい」と言ふ。釈放されると思
って外へ出ると見知らぬ警官が、今日は静岡へ行く-といふ、身の
廻りのものを整え、自動車に乗せられ、喜んだのは逆で、刑務所の

表の方へ着いた。手続を済して中へ入ると、新しく出来たアメリカ
の監獄のようで、之は長くゐても辛くないと思った。一輪の身魂が
宿る-神様に聞くと、一旦日本の真中へ行かなくてはならぬと言は
れた。刑務所は静岡の真中になる。(中略)


 メシヤといふ神は国常立尊といふ審判の神様で、之は永久的のもの
でない。或時を限られたお働きで、長い。


 一厘の種はメシヤとは違ふ。神様のやられる事、計画は非常に深く
絶対判らぬ。経綸は最高の神たる国常立尊様でも判らぬと仰せられ
る。経綸の主体は大彌勒の神で、此神が経綸の中心である。キリス
トや釈迦も全然判らぬ。必要だけの事しか判らぬ。神秘である。最
高の神でも判らぬ。お筆先に「神界の事は判らないと思ふ人は判っ
たのである」と。

 世界の種々な事は、根本の神から出てゐるので、人間が気を揉んだ
り、兎や角言ふのも馬鹿々々しい。最高の神の経綸は、善悪両方を
造って操って居られるのが神である。今度は随分苦しんだが、怒っ
ても仕方ない。神様が使って、立派な仕事が出来てゆく。たゞ悪魔
は一時的で勝たぬ。今迄は神が勝つのが遅かった。今度は早くなっ
て五六七の世になる。(中略)」

                       


  「私が拝む神様はない」
                (御教え集9号  昭和27年4月7日)

「それからこう言う事を知らなければならないんですがね。それ
は、昔から宗教の教祖とか言う人が、何でも一々神様に御伺いする
んですね。そうすると御託宣が出て、神様がこう仰言つた。とか言
うんですがね。そうすると、それを聞いた人は大変有難がるんで
す。有難く思うんですね。処が私はそんな事はしないですね。唯、
其場々々で簡単に言つてのけるので、有難味がないんですね。だか
ら、ともすればそれを軽く思つて聞き逃しちやう訳ですね。で、何
かあると、こう言う事を以前にお聞きした。之だと言う事に気が附
くんですが、初めは中々そう思わないんです。それですから私の言

う通りやらない人も随分あるんですよ。

それは何う言う訳だと言うと、私は神様に聞く必要はないんです。
私のお腹に居られる神様は最高の神様です。自分が言う事行る事
が、その儘神様が行つている事と同じですからね。つまり直接なの
ですね。処が、今迄の宗教の教祖と言うのは間接なんです。キリス
トにしろ、自分はエホバの命に依つて生まれたとか、天の父だと
か、何とか言いますが、あれはやつぱり間接的なんです。で、私に
居られる神様は、エホバと同じなんですからね。そこで、私は神様
を拝んだ事がないですね。


何処の何の宗教でも、御祭だなんて言うとやつぱり神様に、教祖が
恭しく礼拝するものなんですがね。私はやらないんです。と言うの
は、私が拝む神様はないんですよ。若し神様があるとすれば、私よ
り皆下だからね。だから、神様の方で私を拝んで良いんですよ。(中
略)

 然しそれは、段々分つて来れば良いと思つている。だから一時的
誤解は私は何とも思わないですがね。こう言う事も余り生神様らし
く思わせることになるので、私は好かないので余り言わなかつたん
ですが、その為に私の言う事を軽く見る場合がよくあつて、その為
に間違がよくありますから、その為に言つておいた方が良いと思つ
てお話するんです。

 だから、その点を良く心得て居て、他の宗教や、教祖と較べれば
はつきり分るんですよ。 (後略)」




  「最高神の御経綸の下に、
   主脳者として大任を負わされた」
(「病原と浄霊の原理」自観 『地上天国』27号、昭和26(1951)年8月25日発行)

 (前略)私の事を書かねばならないが、そもそも私という者は、世
界の終末に際し、全人類を救い、病貧争絶無の地上天国を造るべく
最高神の御経綸の下に、主脳者としての大任を負わされたのである
から、神は私に対して絶大な救いの力を与え給うたのである。その
力というのは病貧争絶無の中心であるところの病の解決であって、
それに対する智識と力である。前者は私が今日まで解説して来た医
学の誤謬や病理その他であり、後者は浄霊による治病の力である。
すなわち信者の懐に入れてある御守の文字と、私と霊線によって繋
がれており、私から発揮する霊光は霊線を通じて、絶えず御守に至

り、御守から施術者の肉体を通じて、掌から放射されるのである。
一言にしていえば、御守所持者を仲介者として、私が間接に病人を
治すのである。


しからばその力の本源は一体どこにあるかというと、私の腹の中に
は、以前から知らしてある通り光の玉がある。この玉はそれまでは
玉だけの力であったものが、昨年六月十五日、日本で昔から云われ
ているところの麻邇(まに)の玉、または五百津美須麻留(いほつ
みすまる)の玉、または如意宝珠(にょいほうしゅ)の玉である。
玉とは魂であるから、その魂が右の日時に、静岡県清水庵原署の留
置所内で、天から降下され、宿られ給うたのである。この事はその
当時簡単に発表しておいたが、これを私は結実といったのである。
それが段々育つに従って、玉の力も日に月に強力となりつつあるの

である。これはその頃から浄霊の力が特に強化された事にみても、
信者はよく分るであろう。


 ただ現在その神様の御名前を詳しくいう訳にはゆかないが、いず
れ時期が来たら発表するつもりである。しかし釈尊、キリストをは
じめ幾多の聖者の予言を、よく考えてみればおよその見当がつく訳
である。




  メシヤ様御歌

ばんにんの いのちをおんてににぎります めしやにすがるひとぞかしこし
万人の 命を御手に握ります メシヤに縋る人ぞ賢し
                 「栄光」 190 S28. 1. 7

すのかみの みちからかりてまがかみの ふかきしぐみをわれくだかなん
主の神の 御力借りて曲神の 深き仕組を吾砕かなむ
               地上天国46 S28. 3.25 (S28. 2. 4)

いっさいしゅじょう すくうちからをもちたまう かみはめしやのほかなかりけり
一切衆生 救ふ力を有ち給ふ 神はメシヤの外なかりけり
                 「栄光」 196 S28. 2.18

れいかいに あるしんれいもぶつれいも ひたにすくいをわれにもとむる
霊界に ある神霊も仏霊も ひたに救ひを吾に求むる
                 「栄光」 196 S28. 2.18

このはなの すのたねはるとなりぬれば はなさきよもににおうなるらん
兄の花の 主の種春となりぬれば 花咲き四方に匂ふなるらむ
                  地上天国49 S28. 6.25

ちからなり ああちからなりめにみえぬ すのちからこそぜったいなりせば
力なり 嗚呼力なり眼に見えぬ ○ヽの力こそ絶対なりせば
                 「栄光」 214 S28. 6.24

すのかみの けいりんのままわれはただ かみのうつわとなりつすすまん
主の神の 経綸のまま吾は唯 神の器となりつ進まん
                 「栄光」 216 S28. 7. 8

むげんぜったいの ちからのもとはすのかみの とうときみたまにありとこそしれ
無限絶対の 力の原は主の神の 尊き御魂にありとこそ知れ
                  地上天国51 S28. 8.25

すのかみ われにちからとちえたまい いきとしいけるものみなすくわる
主の神は 吾に力と智慧給ひ 生きとし生けるものみな救はる
                  S29. 1. 1

おおいなる めしやのみてにちのうえの いっさいばんゆうすくわるるらん
大いなる メシヤの御手に地の上の 一切万有救わるるらん
                 「栄光」 241 S29. 1. 1

わがもてる たまのひかりはひにつきに かがやきますなりこころせよみな
我有てる 玉の光は日に月に 輝き増すなり心せよみな
                  地上天国56 S29. 1.25

れいたいの いっちのちからぞおおかみの ひめたるいちりんのみたまなるらん
霊体の 一致の力ぞ大神の 秘めたる一輪の御魂なるらん
                  S29. 2. 4

やおよろず かみやほとけのあやまてる つみゆるさんとえほばあもりぬ
八百万 神や仏の禍てる 罪赦さんとエホバ天降りぬ
                  地上天国59 S29. 6.15