このミニ講座は月に一
度、メシヤ講座とは別に当
支部で開催している勉強会
をミニ講座として会員等が
学んだ内容を掲載していま
す。

 たまには、ページ数が多
い時もありますが、どの月
もほぼA4版にして約6ペー
ジ前後でまとめてあり、1
時間程度で読めるようにし
ています。

 もし、皆さんの信仰の向
上に役立つようであれば、
ご自由にコピーして御使い
下さい。

 

 当HPのご利用に当って
は、閲覧される方の自己責
任に基づいてお願いしま
す。

平成26年5月度 ミニ講座

麹町時代   (自叢九  昭和二十四年十二月三十日)

 前項の如く、私は昭和三年から昭和九年迄六年間、霊的研究と相
俟って、神霊療法による病気治療の
確信を得る迄に至った
ので、之
を引提げて
世に問ふべく決意した。そこで、其頃の東京市の成可中
心を選ばうとして、麹町平河町に、ピッタリ条件の叶った貸家があ
ったので、そこを借りて、信仰的指圧療法といふ建前で治療所を開
業した。そこを応神堂の名をつけ、五月一日から始めたのである。


最初は一日数人位の患者でしかなかったが、漸次殖えるに従って
段々手狭になって来たので、麹町半蔵門に私が経営した大本教の分
所を利用する事となった。恰度その頃私は大本教を脱退し、右の分
所は私の自由になったからで、そこを治療所とし、毎日通って治療
に従事してゐたのである。


 処が、奇蹟物語にかいた霊写真の奇蹟が表はれたのが十月十一日
であった事と、病気が治った信者の卵のような人が相当出来た
で、
一つの新しい宗教団体を作るべく計画し、漸く準備も出来たの
で、その年の十一月廿三日仮発会式を応神堂で執行し、翌十年正月
元旦半蔵門の出張所で、正式の発会式を行ったのである。
名称は大
日本観音会
といった。茲で大黒様に関する奇蹟を一つかいてみよ
う。


 よく人に聞かれる事は、本教の信者は必ず大黒様を祀るが、観音
様とどういふ関係があるかと訊かれるが、之は尤もな話で、今日迄
そういふ行り方は世間になかったからである。私が大黒様を祭り始
めたのは斯ういふ訳があった。確か昭和八年だと思う。数ケ月赤字
が続いた事があったので、些か心細かった処、時々私の処へ来る或
銀行員が古い大黒様を持ってゐるが、差上げたいというから、私も
快く貰って、観音様のお掛軸の前へ安置した処、その月から赤字が
なくなって、段々金が入るようになった。そこで、私も成程大黒様
は確かに福の神だといふ訳で、それから大黒様を人に頼んだりして
出来るだけ集めた。一時は五十幾つ集まったが、観音会が生れて間

もなく或日部下の一人が、青山高樹町の或道具屋に等身大の素晴し
い大黒様があるとの報告で、早速私は見に行った処、成程時代とい
ひ、作といひ実にいい、売るかと聞いた処、之は売物ではない自分
が信仰してゐるのだから勘弁してくれろと言うのでやむなく帰っ
た。それが十二月の半頃であった。


すると面白い事には、大晦日の日、道具屋から電話がかかった。
「先日の大黒様はお譲りしてもいいが、思召があればすぐにお届け
をする。」といふので、私は欣喜雀躍した。その晩自動車で届けら
れ、早速御神前へ安置した。その時の道具屋の話が面白い。「先生
が御覧になった数日後夢をみた。それは大黒様が紫の雲に乗って自
分の家からお出かけになったので、眼がさめてから、これはもう自
分との縁は切れたものと思ったが、未だなかなか思ひ切れなかっ
た。処が今日の大晦日はどうしても追つかないので、手放す事にな
ったのである。」といふ。


私は、「いくらか。」と訊くと、「そういふ訳だから幾らとはいえ
ない。包金で結構だ。」というので、私は物価の安い其頃であった
から、三百円包んでやったのである。処が彼は帰りがけに哀惜の情
禁じ難いとみえ、大黒様にすがりついて、ボロボロ涙をこぼしてゐ
た。其事あって以来収入が俄然として増して来たという事実は、全
く大黒様のおかげとしか思えないのである。お名前は、
「みろく大
黒天」
とつけた。麹町時代、玉川時代来た人はよく知ってゐる筈で
ある。此大黒様を写真に写した事があるが、其際はっきり円光が表
はれたので、当時信者の乞ひにより数百枚頒布したのである。これ
でみても普通の大黒様ではない事が分る。製作年代は豊臣時代と思
はれ実に名作である。




 大本教脱退の理由   (自叢九  昭和二十四年十二月三十日)

 之はよく聞かれるから、簡単ながら弁明する事にする。確か昭和
二、三年頃だったと思うが、出口先生の実母が病気危篤の際、先生
を枕元へ呼び言はれた事は、「私は若い頃、有栖川熾仁親王の国学
の先生が私の父であった。その縁で、宮様が京都へ御滞在の折、私
は侍女として仕えてゐた。処がその時、宮様の御手がついて生れた
のがお前だ。であるからお前は宮様の落し胤になる。私は最早生命
がないかもしれないから、その事を知らせなくてはならないから招
んだのだ。」
との話で、之は私は先生から直接聞いたのであるから
確かである。


 此事あって以来、先生は俄然として変られた。それは生活一切が、
皇族の如くで菊の紋章着きの羽織などを着るといふ訳で、而も、信
者に対して、現在の天皇は北朝であるが、日本は南朝が正系である
といって、暗に自分が天皇であると思はせるように言ふので、私は
之は危いと思ったのである。今日なら熊沢天皇もある位で何でもな
いが、其頃としては大問題である。


そればかりではない、旅行の場合なども駅に着くや青年隊が制服を
着、数十人列をなし挙手の礼をするのは勿論、駅を出るやオートバ
イが先頭に、自動車数台で疾駆するので、恰度鹵簿(ロボ)そのまゝで
あったので、私は驚いたのである。従而、之等も弾圧を受ける主な
原因であった事は勿論で、先生初め幹部級にも相当の人物があり乍
ら、此点に気附かなかった事は、実に不思議と思ったのである。


 今一つ斯ういふ事があった。何しろ出口先生は、自由奔放、天空
海闊的であったから、日常生活に於ても、全然無軌道的で余りに本
能主義的であった。従而筆にかけないような事も種々あった
ので、
自然信者間に於ても風紀の紊乱甚だしく、私は之ではもう駄目だと
思って、身限りをつけた
のが昭和七年であった。それから二年間準
備をし、
九年九月十五日脱退したのである。而も私の一党数十人が
一時に連袂(レンベイ)辞職したのであるから、開教以来空前の事として
機関雑誌にデカデカに載せられたのであった。処がそれが奇効を奏
したのは全く神助の賜と言ふの外はない。というのは、それから一
年有余を経た翌十年十二月八日、大弾圧を蒙ったので、私も危く巻
添えを食ふ処であったが、雑誌上に辞表の事が載ってゐたので、難
を免れたのである。其時私と同級位の幹部は悉く東京を追放され、
それぞれ田舎へ隠遁したにみて、無論私も同じ運命に逢ふ処であっ
たのである。




   玉川時代      (自叢九  昭和二十四年十二月三十日)

 麹町半蔵門での開教以来、日に月に発展し数ケ月経た頃は手狭に
なった為、どこか大きい家を探し求めた処、幸ひなるかな、東京の
西端玉川の畔の高台に、最も適当な土地と家がみつかった。土地の
面積三千坪、建坪二百数十坪、而も眺望絶佳、玉川の流れを眼下に
見、遙かに富士の威容を望むのであるから、その時
つくづく神様が
準備された事を知った
のである。其時斯ういう事があった。その屋
敷の門から入り、庭に降り立つや思はず知らず、「こゝだ。」とい
う声が出た。帰宅後一首の歌が浮んだ。

           月に好く 花にまたよし 雪によき
                              玉川郷は 天国の花
 其時玉川郷といふ名をつけたので、それが今の五六七教関東別院
である。処がそこは気に入ったものの、値を聞いてみると九万八千
円といふのである。然し私の懐には五千円しかないので、金が足り
ないから難しいといふ返事をした処、先方は借金に苦しめられてゐ
て一日も早く移転しなければならない事情なので、一万円の手金を
打ってくれればすぐにも立退くといふのである、そこで私も欲しく
て堪らないから手持の五千円と借金を五千円し、合せて一万円を渡
し、兎も角引移る事となった。其時が昭和十年十月一日である、そ
れからそこを大日本観音教会本部とし、治病を兼ねた宗教活動に発
足する事となった
のである。予期の如く漸次発展し、漸く附近に知
らるる事となった処、翌十一年八月当局の大弾圧が来、一頓挫の止
むなきに至った。その模様は順次かく事にする。




   豚箱入り      (自叢九  昭和二十四年十二月三十日)

 忘れもしない、昭和十一年八月四日の事であった。突如埼玉県大
宮警察から呼出し状が来た。翌五日其頃玉川上野毛の今の五六七教
会集会所になってゐる私の住宅から警察へ赴いたのである。


 其訳は斯うである、当時、大日本観音教会(創立は昭和九年十月)
の会長をしておった私は当時支部が埼玉県大宮市にあり、その支部
長として武井某なる者が、大宮市にあった片倉製糸で女工千人位を
収容してゐた大工場があった。その女工連中の病気を多数治した事
から
医師法違反に引掛り、武井が警察へ留置されると共に、その会
長たる私が調べられる事になった
ので、其時の経緯は次の如きもの
であった。


 警察へ到着、暫く待った後、其頃の一大勢力であった特高と呼ば
れた主任の前に呼出された。主任曰く

「お前は大日本観音会の会長か?」
私「ハイ、左様であります」
主任「お前は何時も簾の中に居て生神様になってゐるんだらう。」
私「トンでもない、そんな事はありません。」
主任「嘘言ふな、お前が生神様なら罰をあてる事が出来るだらう-
-。」


と言って傍に居た刑事と名乗る二人の男に眼くばせした。その頃の
私は頭髪を相当伸してゐたので右の二人は左右から髪の毛をイヤと
いふ程引張る
ので、痛さに堪え兼ね詫びたので、彼等も漸く手を放
した。


主任「武井の家の部屋に懸ってゐたお前の霊写真といふ変な写真は
アリャ何だ、お前が作ったのだらう。それを詳しく話せ。」

私「あれは作り物ではありません、一昨年十月一日東某といふ人が
訪ねて来て、種々宗教上の話を取交し、最後に私を写した。処が御
覧の通りああいふ不思議な霊写真が出来たのであります。」


 其時私の周りを取巻いてゐた警官の中大きな男が二人、イキナリ
剣術の竹刀を執って身構え、
「貴様は吾々を騙す気か、今言った事
は嘘だ、もう一遍言ってみろ、貴様の腰骨をブッ砕く。」
―――と
言って脅すのである。私は吃驚した―――本当の事を言えば腰骨を
砕かれ、どんな眼に遇ふか知れない、或は不具にされるか分らな
い、といって私は嘘を言ふのは嫌だ
――-といふ訳で、一言の言葉
も発する事も出来ず、やむを得ず沈思瞑目してゐたので、彼等も手
の施しようがなく再び訊問は開始された。其時不思議なるかな、先
刻髪の毛を引張った一人が、

「俺は頭が痛い、変だな。」
と言ふ、すると、傍の二三人は、
「ソレは貴様の神経だ、そんな馬鹿な事があって堪るもんか。」
と言ったが痛みが去らないと見えて、スゴスゴ室外へ退散した。処
が今一人の男も間もなく退散したので、私は
「神様にやられたな」
と思った。そればかりではない、何時の間にか主任一人を残して全
部消えて了ったのである。主任は暫くして聴取書を作って読上げ
た。その中の霊写真に関する項は、「私が作った美術写真」とかい
てあるのだ。私は、「事実と異ふ」と言はうとしたが、又拷問され
ては堪らない――-と自棄的となり、言ふがままに捺印して了っ
た。
意外にもその書類が警視庁へ廻ったので、警視庁では、

「岡田といふ奴はインチキ野郎だ怪しからん奴だ」

といふ訳でブラックリストへ載せて了った。全く拷問によって虚偽
の聴取書を作り良民を悪人にして了った
ので、実に恐ろしい世の中
と思ったのである。之によってみても当時の官憲が如何に横暴で、
封建的であったかが知らるるのである。そのブラックリストの為
に、其後私は事毎に苦しめられた。私が住居を変える毎に、その管
轄の警察へ通報が行くので、其警察は私の監視を怠らず、何とかし
て私を罪人にしようと専心した
ので、私はどうする事も出来なかっ
たと共に、何時ブタ箱へ入れられ、家宅捜索を受けるか判らない心
配で、枕を高くして寝る事すら出来なかったのである。故に終戦迄
は新宗教は共産主義と殆んど同様の扱ひを受けたといってもいい、
右のような訳で私が常に思ってゐた事は、

「自分は人類社会の為、之程立派な行ひをし乍ら、之程圧迫される
といふ事は、実に残念である、然し之も神様から修業させられる
だ。」
―――と思ひ直しては腹の虫を制えつけたものである。之に
就ては大本教お筆先に―――

「コレ程、善い事を致してこれ程悪く言はれるのも都合の事じゃ、
時節を待て。」といふ事が、私の胸に強く焼きついてゐた為もあ
る。

 大宮警察の調べは前述の通りで、一晩ブタ箱に容れられ、翌日釈放
されたのである。


 大宮警察の事から、私は警視庁からインチキの烙印を捺された結
果、とうとう所轄警察玉川署へ引致され、十一日間のブタ箱入りと
なったのである。尤も其当時大本教を脱退した元幹部級の者を取調
べる方針もあった。そこで入念な家宅捜索などをされたが、別段法
規に触れる点がなかったので、無事にケリが着いたのである。然し
弱った事には治療禁止という大鉄槌であった。其頃私は宗教と療術
行為と両方
やって居り、而も療術行為の方が私の経済を支えてゐた

ので、忽ち収入の途が杜絶え、一時は前述暗澹たるものであった。

 然るに種々運動嘆願などによって一年三ケ月の浪人生活は終り、
再び業務に就く事を許された。但しその条件として宗教と療術行為
を両方やってはいけない、どっちか一方にしろといふので、私は

済上
宗教を捨て、療術のみで立つ事になったが、その時が昭和十二
年十月廿二日であった。




   浄霊治病       (医革  昭和二十八年)

 病気は体的症状であり、その本原は霊にある以上、霊を治さなけ
れば病気は治らない
のは、前項までに大体説いたが、之に就いて尚
詳しくかいてみよう。


 それは先づ、霊と体との根本であるが、人間なるものは既に述べ
た如く、
霊体は結合一致していると共に、万物の法則としては霊が
主で体が従となってゐる
。卑近な例だが人間の五体が動くのは、体
が勝手に動くのではない。霊の命によって動くのである。としたら

霊が主人公であり、体は従属者である。

従って病気の場合、最初霊に発生し体に映るのであるから、体のみ
を治そうとしても、一時的で根本ではないから、勿論
霊を治してこ
そ根治となる
のである。処が科学は唯物理念である以上、如何に進
歩したといっても治らないのは当然である。度々言った通り医療は
一時的、外部的治癒でしかないので、必ず再発する
のは、此理を知
ればよく分るであらう。


 右の如く病気は、最初霊に発生するといふその経路をかいてみる
が、それには薬毒の作用である。
薬毒が体内に入るや一旦血液中に
混入されて濁血となる
。此濁血が多量の場合は全身的に拡がるが、
少ない場合はそれだけ局部的に集まる。
そうして濁血は霊体一致の
法則によって霊に写ってそれだけ霊を曇らす
のである。処が人体な
るものは不断に浄化作用が行はれてゐる以上、濁血を浄血にする浄
化活動が絶へず行はれている。そうして濁血が腐敗し変化したもの
である。之が
霊主体従の法則によって、霊の曇りが減っただけは、
体に映って濁血及び膿は減る
事になる。此過程が病気である事は已
に説いた通りである。


 此理は天然現象にみても分る通り、地上の霊界に汚穢が溜れば、
低気圧が発生し、風で吹き払ひ、雨水で洗ひ、天日で乾かすと共
に、消滅するといふ作用が自然発生する
之が天地間の浄化作用
ある。従って
人間の病気でも霊の浄化が発生し、体に映るや発熱に
よって毒素を溶解し、種々の排泄物にして体外へ出す
のである。此
理によって
汚物は出れば出る程、人体は清浄化し健康となるのであ
るから、
浄化作用を援(たす)ける事こそ、真の治療法である。

然るに何たる事か、それを逆に解し、汚物を出さないで元通り固め
やうとする
。といふのは既記の如く浄化に伴ふ苦痛を病と称し、マ
イナス的危険作用と解した
のであるから、寔に驚くべき迷盲であっ
た。
此考え方が医学を生んだのであるから、之に目醒めない限り、
人類は病の悩みから何時になっても解放されない
のである。では次
に浄霊の原理をかいてみよう。




  医学で解決出来ぬランドリー氏病  
      (極悪性小児麻痺) 
            『栄光』170号、昭和27(1952)年8月20日発行
              『アメリカを救う』昭和28(1953)年1月1日発行
           山口県下関市西細江町  明輪中教会 幸島賢一(32)

 忘れもしない本年四月十二日の朝、前夜まで何の前触れも無く元
気だった次女順子(満二歳三カ月)が、中々起きませんので、常日
頃からよくふざける次女の性質上又かと放って置きましたところ、
本人が「母ちゃん起きられんわね」といいますので妻が行って見ま
すと、両足をぶらぶらしてもがいております。


余りの変り方に「これは大変医者だ」と近所の掛りつけの医者に診
せましたところ、首を斜げて「これは大変です、自分の手では責任
が持てないから整形外科に」との事で慌てて整形外科医に見せまし
たところ、初めの医者と同じ事を言うので全く眼先が真暗になり、
最後の頼みと、以前から商売上のお得意であった小児科専門のT医
博に相談しましたところ、T医博は私を診察室の側の別室に招き、
部厚い医学の書物を開いて深刻な溜息と共に
「幸島さん今の世の中
にはまだまだ医者で解決出来ない病気が相当ありますが、貴方の子
供さんはランドリー氏病という小児麻痺の中でも性質の悪い重症
で、医学上原因も、確かな治療も無く、ほとんどが死の転機を見る
という事になっております。しかし万一の奇蹟も無い訳でも無く、
又新薬も次々と出ておりますから、この際私も全力を尽してやって
見ます。だが生きるも死ぬるも一つの運と思って私に任せて戴きた
い」
との言葉に暗闇に突落されたような気になりながら、さりとて
外に術もなくその言に従い入院して一家付添いで寝ずの看病をし、
T医博も又あらゆる新薬を用いて治療しましたがその効なく二日
目には早くも両腕の自由を失い、三日目には口から涎を出して呼吸
は逼迫
し、T医の態度もただ事ではありません。


「医学でも解明出来ない不治の病に取憑かれた事がこの子の悲しい
宿命なのだ」と腹の中では諦め妻にも覚悟の程を申し渡しました。
とは言うものの病床に横たわる愛しい順子の顔を見れば、何とか救
ってやりたいと思案
はしますが施しようも無く、茫然としておりま
すところへ同業者の安森の奥さんが来て、「こうなれば神様にお縋
りするより外はありません。私は石槌大権現さんを信仰しておりま
すが中々よく言うことが当ります。明日ぜひ行ってその先生に見て
貰ったら」との親切な言葉と子供への愛情にひかれて翌日御参りし
てその先生という人の話を聞きましたが、どうも要領を得ない話で
腑に落ちぬところがあるのです。


病院に帰って見れば子供はいよいよ脳を冒され始めたらしく、歯ぎ
しりをし虫の息
で、
もうこれまでかと思う程でした。この時私の頭
にサッと閃いたものがあるのです。実は商売の取引先で小倉市の山
彦という陶器問屋の番頭さんで竹谷さんというお道の信者さんが
前々から商用で来られる度に救世教の話をしておられました。私も
師範学校時代、軍隊生活時代に「信仰と人間」という事には、かな
りの関心を持ってはおりましたし、ある程度宗教の本等読んだり聞
いたりしておりましたが、どうも竹谷さんの言われる事が全幅的に
賛成も出来ず余り取り上げておりませんでした。


しかし危篤の順子を眼前に見てあらゆるものから見放された私とし
ては、「溺れる者は藁をも掴む」のたとえの通り、早速竹谷さんに
連絡しましたところ、出張中との事に落胆しましたが、更に勇を鼓
し吾身に鞭打って竹谷さんから話を聞いていた植田さんを通じ、彦
島支部の村前先生に連絡を取って戴きましたところ、御親切にも早
速その晩病院まで来て御浄霊をして戴きました。
「必ず御守護が戴
かれます。だがこのままでは薬毒が入りますからよくありません

との御言葉にちょっとためらいましたが、「どうせ医者の方から見
放された病気だ、同じ死ぬなら家で死なした方がこの子も喜ぶだろ
う。
御浄霊とかで治るか治らないか判らないが、まあ一つお縋りし
て見よう
」と妻にも決心させ、近親の猛烈な反対(特に妻の妹の主
人が外科医です)とT医の再三の熱心な引止めも押切り、翌十七日
退院(発病六日目)十八日に幡生の中教会にお参りさせて戴き、鬼
頭先生のお話を聞いて御浄霊して戴き「大丈夫治りますよ」との判
然とした御言葉に、実のところ六分の希望と四分の不信を抱きなが
ら毎日村前先生の御慈悲に溢れた御道の話と御浄霊を戴きました。


四月二十日頃大浄化が起り、泡を吹いて呼吸困難となりましたが、
慌てて驚く家中の者に
「これは御浄霊による大浄化だ」と言い聞か
せ、
一心に明主様にお縋りしましたところ不思議にも治まり、その
晩からはよく眠るようになり、二、三日後には食欲も少しずつ出て
参りました。「もう大丈夫です」との村前先生の御言葉に力を得、
四月二十八日妻鶴子に御守様を戴かせて貰い、更に私も五月八日に
入信させて戴き、御浄霊を続けておりました
ところ段々食欲も増
し、涎は止り、泡も自然と治まって発病後一カ月目には両肩が、四
十日目には両手が、五十日目からは両肢が少しずつ動き出し、二カ
月目を過ぎた今日では、もう指先と足先に力が入ればいいという段
階にまでならせて戴き、近所の人も皆吃驚しておられます。


二、三日前にT医と妻鶴子が偶然に会う機会があったのですが、T
医も順子の容態を見て大変驚いて
「なぜこんなに治ったのでしょ
う。全く奇蹟ですね。お灸かマッサージでこんなに治ったのです
か」
「いいえ別に」「とにかく不思議ですね。これは医学上の研究
問題です。学界に発表したいですから。時々来て見せるだけで良い
ですから」
と話をされたそうです。又妻の妹の主人のY外科医も先
に申し上げた通り退院大反対論者で、当時私と大議論をした程でし
たが、最近ではこの厳然とした事実の前に
「奇蹟だ、奇蹟だ」と不
思議がり、
「救世教の医学の本をとにかく一度見せて下さい」とま
で申しておりますので、村前先生に御願いして置きました。


更に天理教の長年の信者であった母も、この事以後は御道の話を聞
いて大変熱心になり、ただ今乳癌の御浄化を戴いておりますが、中
教会支部にも御参りさせて戴き御浄霊も戴いておりますので、必ず
御神徳戴けることと確信致しております。こうして暗雲低迷の私の
家も、明主様の御光燦然として希望と喜びに満ち溢れ、商売の方も
又今までの無理を是正して狭く貧しいながらも楽しい家として、安
心立命の日々を送らせて戴いております。この上は一家共々に
益々
明主様の御教通り精進
致しまして、地上天国建設の御神業の万分の
一をも輔翼し奉り、もって御高徳に御報いする所存で御座います。

 明主様有難う御座いました。今後共益々御守護を賜わりますよう
謹んで御願い申し上げます。                 
               (昭和二十七年七月十五日)