平成25年7月度 ミニ講座

信仰は信用なり (光十三号  昭和二十四年六月十八日)

 抑々宗教信仰者は世間無数にあるが、真の信仰者は洵に寥々たるもの
である、然らば私は真の信仰者とは如何なるものであるかを書いてみ
よう。


 如何程立派な信仰者のつもりで自分は思っていても主観だけでは何等
の意味もない、どうしても客観的にみてのそれでなくては本物ではな
いのである、そのような信仰者たるにはどうすればいいかという事を
先づ第一に知らねばならない、そうなるには理屈は簡単である、それ
人から信用される事である、例えば彼の人の言う事なら間違いな
い、あの人と交際をしていれば悪い事は決してない、あの人は立派な
人である-というように信用される事
である。


 それでは右のような信用を受けるにはどうすればいいかといふと之も
訳はない、
何よりも嘘を言はない事自分の利益を後にして
人の利益を先にする事
である、いはばあの人のお蔭で助かった、あ
の人につき合ってゐれば損はない、実に親切な人だ、あの人と遇ふと
いつも気持がよい-といふようであれば、何人と雖も愛好し尊敬する
事は請合ひ
である、何となれば自分自身を考えてみれば直ぐ判る、右
のような人と識り合ふとすればその人と親しく交際したくなり、安心
して何でも相談し、いつしか肝胆相照し合ふ仲になるのは当然であ
る、今一つ言ひたい事は、
どんなによくしても一時的ではいけない
恰度米の飯と同じようで一寸は味がないようだが長く噛みしめれば噛
みしめる程味が出てくる、人間は米の飯とは一日も離れる事は出来な
いと同じやうに私は常にいふのであるが、人間は米の飯人間にならな
ければいけないと--


 処が世間を見ると、右とは反対な人が余りに多い事である、それは
態々信用を落すような事を平気でする、何よりもヂキに尻からばれる
ような
嘘をつく一度嘘をついたら最後外の事はどんなに良くても一
遍に信用は剥げてしまふ
、全く愚の骨頂である、如何程一生懸命に働
き苦心努力をしても一向運がよくならない人があるが、その原因を探
れば必ず嘘をついて信用をなくす為で、之は例外がないのである、全
く信用は財産である、信用さえあれば金銭の不自由などは絶対にな
い、誰でも快く貸してくれるからである。


 以上は、人間に対しての話であるが今一歩進んで神様に信用されると
いう事、之が最も尊い
のである、神様から信用されれば何事もうまく
ゆき歓喜に浸る生活となり得るからである。




   優しさと奥床しさ (栄七十五号  昭和二十五年十月二十五日)

 凡そ現代の人間を観る時、最も欠除してゐるものは、優しさ奥床
しさ
であらう。
 先づ茲では本教を主としてかいてみるが、例えば自分の信仰がどれ程
進み、身魂がどの位磨けたかを知るには一の標準があって、
これは左
程難しい事ではない、
何よりも人と争う事を好まなくなり、優しさが
湧き奥床しさが現はれる、斯ういう心と態度になるこそ磨けたとみて
よく、此点最も信仰の価値を見出す
のである、其様になった人にして
一般から好愛され、尊敬され無言の宣伝となるのである。


 処が、今日の世の中を見ると、右のような優しさと奥床しさが余りに
欠けてゐる、何処を見ても人に対しアラ探し、憎悪、咎めだて等洵に
醜い事が目につく
、特に現代人の奥床しさなど無さすぎるといってい
い、何事も利己一点張りで露呈的で理屈がましく、人から嫌はれる事
など余り気にかけないのは、自由主義が行過ぎ我儘主義になったと見
る外はない、最も見苦しいのは、他人の事となると暴露的で、排斥主
義で、人情の薄い事甚だしい
、此様な人間が殖えるから社会は暗く、
冷たく人生の悲観者が益々殖えるという訳で、近来自殺者の多いのも
斯んな処に原因があるのではなからうか、故に真の文化社会とは、英
国の紳士道や米国の博愛主義の如きを奉ずる人々が殖え、社会道義が
よく行はれる事によって気持のよい住みよい社会が生れるのである、
そうなった社会こそ此世の天国としたら、天国は洵に手近い処にある
のである。


 又別の面からみる時、今日観光事業が国策上最も緊要事と叫ばれてゐ
るが、成程物的施設も大いに必要ではあるが、外客に好感を与える事
は、より以上の必要事であらう、といふのは外客に接する場合、優し
さ、
奥床しさと清潔の此三つが揃う事で、之こそ一文の金も要らない
外客誘致の最も有力なものとならう、そうして
斯ういう人間を造るそ
の根本条件は何といっても信仰であって、本教はその方針のもとに邁
進しつつある
のである。



         現代医学論 (医革  昭和二十八年) 

 此著を編纂するに当って、私は非常な決心をした。といふのは医学な
るものの実体を、ありのまま発表する
としたら、何人も驚嘆せずには
居れないからである。之程進歩したと思ひ、世界万民が謳歌し、信頼
してゐる現代医学に対し、
私は真向から鉄槌を下すのであるから、人
類救済の為とは言ひ乍ら、洵に忍び難いものがある。併し乍ら神は万
人の生命を救うべく、私をしてその大任に当らせた以上、私と雖も絶
対者の命に従はざるを得ない
と共に、現在病魔の為に地獄の苦しみに
呻吟しつつある人類社会を見る時、その原因が医学の誤謬にある以
上、到底晏如たるを得ないのである。故に若し現在のままの迷蒙を続
けるとしたら、人類の将来は果して如何になりゆくや、思ふさへ慄然
とするのである。


 そうして之をかくに当っては、先づその根本から明らかにせねばなら
ないが、それには先づ現代人の科学至上観念である。序論にもある通
り科学さへ進歩させれば、何事も解決されるとする科学過信の思想で
あって、その為事実よりも学理の方を重視し、如何なる発見創造と雖
も、既成学理に合はない限り拒否して取上げないとする偏見であっ
て、之が文化的と思ってゐるのであるから困ったものであるが、寧ろ
之こそ文化の反逆でしかない。


何となれば文化の進歩とは、定型的学理を打破し得る程の価値あるも
のが発見されたとしたら、躊躇なくそれを取上げる、茲に文化の進歩
があるのである。処がそれを頭から否認するといふ丁髷思想であっ
て、この代表ともいふべきものが現代医学であるから、偏見を通り越
して科学にはない筈の新しい封建である。


といふ訳で此著を読んでも、余りの意想外な説に容易に信ずる事は出
来まいと思うが、然し事実が何よりの證拠である。それは今日の如く
医学が進歩したに拘はらず、至る所病人の氾濫である。ヤレ病院が足
りない、ベッドが足りないとの悲鳴は常に聞く処で、現代人残らずと
いひたい程何等かの病気を有ってをり、真の健康者は殆んど皆無とい
ってもよからう。


之等にみても分る如く、若し現代医学が真の進歩であるとしたら、病
気の種類も病人の数も年々減ってゆき、病院は閉鎖の止むなきに至
り、医事関係者の悉くは失業者とならねばならない
筈であるにも拘は
らず、事実はその反対であるとしたら、茲に疑問が生ずべきだが、一
向そういふ気振はみへない処か、益々迷路を驀進してゐる有様で、そ
の危ふさは到底観ては居れないのである。従って私は之から徹底的に
説くと共に、事実の裏付をも添へてある以上、如何なる人でも飜然と
して目覚めない訳にはゆかないであらう。


 そうして現代人の病気を恐れるの甚だしく、一度病に罹るや早速医師
の診療を受ける。処が之が又意想外であって、治るやうにみえてもそ
れは或期間だけの事で、根治とはならない。その殆んどは慢性か再発
かのどちらかである。之を常に見る医師は気が付きそうなものだが、
そうでないのは之も迷信の為である。


そこで見込通り治らない場合、仕方なしに他の医師に助勢を頼むか、
他の病院へ行けと勧める。勿論入院すれば多くは手術を伴ふから臓器
は除去され、その病気は起らないとしても、必ず他の病気に転化する
のは医師も常に経験する処であらう。右は最も普通の経過であるが、
中には医師に確信がないまま入院や手術を勧めるので言う通りにする
が、確信があってさへ治る事は滅多にないのに、確信がないとしたら
駄目に決ってゐる。その結果患者の方から金を出して、モルモットと
同様研究材料にされる事も屡々あるが、殆んどは泣寝入りである。


 処が手術も受け、凡ゆる医療を続けつつも治らないのみか、益々悪化
し、金は費ひ果し、二進も三進もゆかなくなり、果ては自殺を図る者
さへ往々あるのは、よく新聞に出てゐるが、そこ迄ゆかないまでも病
気が原因となって、色々な忌はしい問題を惹起するのは衆知の通りで
ある。今日凡ゆる悲劇の原因を調べてみれば、そこに必ず病ありで、
昔から犯罪の陰に女ありを、私は悲劇の陰に病ありと言ひたい位であ
る。それに引換へ我浄霊医術によれば、如何なる重難症でも短期間
に、而も僅かの費用で快癒するので、之を医療と比べたら雲泥の相違
であるのは、全く真理に叶ってゐるからである。茲に於て如何なる無
神論者と雖も、今迄の不明を覚り早速入信、文字通りの安心立命を得
るのである。


 次に知らねばならない事は、一体人間なるものは何が為に生まれ、誰
が造ったか
といふ事である。之こそ昔から誰もが最も知りたいと思っ
てゐる問題であらう。勿論人間なるものは科学者が作ったものでもな
く、
造物主即ち神が造ったものに違ひないのは、極端な唯物主義者で
ない限り、否定する者はあるまい。というのは
人間は神の御目的たる
理想世界を造るべく生まれたものであるから、生きてゐる限り健康で
活動出来るのが本来
である。然るに何ぞや、病気に罹るといふ事は異
変であって、其処に何等か真理に外れてゐる点があるからで、此点に
気付き是正すれば治るのが当然である。処が之に盲目なるが為、全然
無関係である科学に持ってゆくので、治らないのが必然であって、肝
腎な造り主を忘れてゐるからである。


 そうして今日迄の病理は、大体左の如くである。即ち漢方医学に於て
は、五臓の疲れ又は不調和の為であるとし、西洋医学に於ては黴菌感
染によるとしてゐる。此どちらも洵に浅薄極まるものであって、些か
も根本に触れてゐない迷論である。而も後者は機械的ではあるが、科
学的ではないといったら何人も驚くであらうが、それは事実が語って
ゐる。今日医師は患者から訊かれた場合、病理も病原も見込も、科学
的に説明が出来ないのは医師も認めてゐるであらう。つまり病気の真
因が分ってゐないからである。そうして
医学に於ける誤謬の根本は、
何といっても病気苦痛の解釈
である。即ち医学は苦痛そのものを以て
人体を毀損し、健康を破り、生命を脅すものとしてをり、苦痛さへ除
れば病は治るものと解してゐる。此考へ方こそ大変な誤謬
であって、
今それを詳しくかいてみよう。


 抑々病の真の原因とは、体内にあってはならない毒素が溜り固結し、
それが或程度を越ゆるや、生理的に自然排除作用が起る。之を吾々の
方では浄化作用という
が、浄化作用には苦痛が伴うので、此苦痛を称
して病気といふ
のである。故に
病気とは体内清浄作用の過程であるか
ら、之によって人体は浄血され、健康は維持される
のであるから、
こそ実は唯一の健康作用で、大いに歓迎すべきもので、之が真理
であ
る以上、此著を読めば必ず納得される筈である。処が何時の頃どう間
違えたものか、之を逆に解釈して出来たのが医学であるから、此逆理
医学が如何に進歩したとて有害無益以外の何物でもないのである。


 右の如く医学は病気即苦痛と思う結果、苦痛解消には浄化停止より外
にないので、此考へ方によって進歩発達したのが現在の医療
である。
そうして
浄化作用なるものは、人間が健康であればある程起るのが原
であるから、之を停止するには健康を弱める事である。そこで弱ら
す手段として考へ出したのが毒を服ませる事で、それが薬である

ら、
薬とは勿論悉く毒である。即ち毒を以て浄化を停止し溶けかか
った毒素を元通り固めるので、固まっただけは苦痛が減るから、それ
を治ると錯覚した
のであるから、世に之程の無智はあるまい。従って

医療とは単なる苦痛緩和法であって、決して治すものではなく寧ろ治
さない方法
である。故に医師も治るとは言はない、固めるといふにみ
ても明らかである。


 右の理によって病を本当に治すとしたら、溶けかかった毒素をより溶
けるやうにし、排除を速かならしめ、無毒にする事であって、之が真
の医術
である。之なら再発の憂ひも罹病の心配もなくなり、真の健康
体となるのである。処が一層厄介な事は、右の如く毒素排除を止める
為の薬が毒素化し、之が病原となるので、つまり病を追加する訳であ
る。此證拠として医療を受け乍ら、余病といって病が増えるのが何よ
りの證拠である。本来なら治療をすればする程病気の数は減る筈では
ないか。それがアベコベとしたら、之程理屈に合はない話はあるま
い。知らぬ事とは言ひ乍ら、医学は如何に迷蒙であるかが分るであら
う。


 以上の如き逆理によって、毒の強い程薬は効く訳で、服むと中毒する
位の薬なら一層効くから、近来の如く注射流行となったのである。又
近来続出の新薬も同様、中毒を起さない程度に毒を強めたもので、彼
の有名な漢方医の泰斗杉田玄白先生は"病に薬を用ひるのは、毒を以て
毒を制するのだ"と曰ったのは蓋し至言である。従って熱、咳嗽、吐
痰、鼻汁、汗、下痢、熱尿、各種の出血等、悉くは排毒作用であり、
腫物、湿疹、疵や火傷後の化膿等も同様であるから、実に結構なもの

である。故に何病でも何等手当もせず、放っておくだけで順調に浄化
作用が行はれ、速かに而も確実に治る
のである。




  偉大なるお道にお導き戴き       
      不具の孫にもこの御守護

                         『栄光』238号、昭和28(1953)年12月9日発行
                          岡山県英田郡福本村  明光中教会 宇田しげの(61)

 謹みて御守護の御礼御報告させて戴きます。
 私は昭和二十七年十二月十九日有難きお守様を拝受し、入信させて
戴きました者でございます。入信以来未だ日浅く何も分りませぬ私一
家にも日々絶大なる御神徳を戴き、何と御礼の申し上げようもござい
ません。数々戴いております御神徳の内、私の入信の動機と、私の孫
始(七歳)が賜わりました御神徳について御報告させて戴きます。こ
の子は、家の者の不注意のため幼少の頃二回も足、背中を炬燵にて大
火傷をさせた関係もあると思いますが、大体生まれつき足も立たず口
も利けない全くの不具であり、両親は固より家族の大きな悩みの一つ
でありました。私は以前「人の道」を熱心に信仰した事があり、当時
はお蔭も戴き神の実在は知っておりました。


 不具の子供ができたのも何かの因縁であり、また二度までも大火傷
するということも何か意味があるに違いない、なおこの不具な身にも
かかわらず、非常に高いところを好み、床の机の上にすわる等、不思
議なことを致します。何か今まで私の信仰してきた神より、もっとも
っと御位の高い神様がどこかにあるのではないかと、常日頃思ってお
りました。ちょうど昨年十一月末と思いますが、近所のこの御道の信
者の藤本さんが大病の為に、医師に見放されたにも拘らず、このお道
で大変なお蔭を戴かれた話を聞き、非常にお道の話が聞いてみたくな
りそれから二、三日して、藤本さん宅で先生のお話があるとのことに
て、とにかく話を聞かせて戴こうと聞きに行き、西岡先生より色々と
有難いお話を聞かせて戴き、又藤本さんの戴かれた奇蹟を目の前に見
せて戴き、胸にこたえるものを感じ、又孫のこともありますので、何
とかお蔭を戴いて少しでもよくなるものなら治して戴きたい一念か
ら、早速西岡先生にお願いして教修をして戴きました。教修の際先生
より霊的の話を承り、「子供が二度までも大火傷をするということ
は、先祖に火傷がもとで死なれた人があるのではないか、その霊が霊
界にて苦しみ、救われたいため子供に知らせることもある」という話
をされたが、別に心当りもありませんでした。


 その後入信してからのことですが、夢で四代前の先祖で火傷によっ
て死なれた人の夢をはっきりと見せていただき、この原因もはっきり
と知らせていただきました。教修の時先生より「子孫が幸福になるた
めにはまず先祖様を救っていただくことです」と聞き、又「お蔭を戴
くためには、できるだけ人救いをして善徳を積むことが第一です。そ
の徳によって子供さんも段々よくして戴けますよ」と言われました
が、本当に歩けるようになるだろうかと半信半疑でしたが、私のよう
な年寄でも、そんな大きな御力を許され、人救いができる事なら早速
やらせて戴こうと心に決めお守様を戴きました明くる日より毎日人様
の御浄霊をさせて戴きました。


最初精神病の方が僅か一週間程でよくなられ、又カリエスで長年休ん
でおられる方の御浄霊をさせて戴き大変な御守護を戴かれました。そ
の他内に外に大変御守護を戴き、今更この御道の偉大さと、明主様の
御力をはっきりと分らせて戴きました。お蔭様にて孫も段々御守護を
戴き物に掴まって立つようになり、やがて二、三歩歩くようになり、
私が入信させて戴いてより僅か三カ月足らずにて今では家の中は勿論
外へ出て一人で歩いて遊べるようにならせて戴き、家の者は勿論近所
の人達もこのお蔭には驚かれています。口はまだ利けませんが、今後
益々神様の御手伝いをさせて戴いて善徳を積ませて戴き、先祖も救わ
れ、罪穢を許して戴くことにより口も利けるようにならせて戴けるも
のと信じ、益々信仰を深めさせて戴き少しでも多くお役に立たせて戴
き、御高恩の万分の一でもお報いさせて戴きたいと念願致しておりま
す。

 明主様、有難うございました。



   霊界は必ずある                  
             
『地上天国』5号、昭和24(1949)年6月25日発行
      岐阜県羽島郡小熊村  日本観音教天国会光明分会 大野純三(45)

 私には四人の子供があります。昭和二十二年六月中頃の事で御座居
ました。上の子供から次々に高熱腹痛という同じ症状の御浄化を頂き
まして、末子(二歳)などは身体は極度に衰弱し、高熱のため苦しみ
通し、見る影もない姿になりました。今日は死ぬか明日は死ぬかと愛
しい我が子の死を案じ「何とかして丈夫にして戴けないものか」と妻
は一日に何回となく、それこそ一生懸命にお観音様にお念じして御浄
霊させて頂きました。しかし子供の容体は少しも変りなく暗黒絶望に
悩むこと数十日で御座居ました。


 丁度六月三十日の事、妻は末子を抱いて教導所にお参りさせて頂き
ました。大野先生は一目御覧になり、「これは重態だ」と他の方を後
にされて子供に早速御浄霊して下さいました。骨と皮のようになった
子供は苦しそうで御座居ました。大野先生に御浄霊を戴きましたが相
変らず変化は御座居ません。大野先生は御心配下さいまして鬼頭先生
に御報告申し上げると共に御質問して下さいました。


 「祖霊の戒告」ではないでしょうか。先祖様に対して万が一も御無
礼はないでしょうか。その御教えを頂きまして、家に帰り直に御仏壇
を調べましたところ、御位牌の両面に法名が認められました。こんな
御無礼をしていて申訳ないと身を清め、恭しく御位牌を新しく書き初
めました。「法名」と書き「釋」と書こうと筆を下した刹那、重態だ
った子供が突然声高らかに元気な時と同じような笑い声が聞えてまい
りました。まったく自分の耳を疑う程で御座居ました。しかし子供は
痩せてこそおりますが、とても元気な様子で喜々としてはしゃいでお
ります。何という不思議な事で御座居ましょうか、でも事実は事実で
あり、現に目の前にこの奇蹟を見せられ嬉しいやら有難いやらで夫婦
共々感泣致しました。


 先祖の霊があるものか無いものか、否霊など今まで思っても考えて
もみなかった愚な私共で御座居ましたが、はっきり現実にこの疑う事
の出来ない事実を見せられ吃驚致しました。絶対なる神の恩恵。祖霊
の戒告。


 お観音様に救われた身の幸福にただただ有難く感涙に咽ぶのみで御
座居ます。眠っていた魂も覚醒致しました。御恩の万分の一にも御奉
仕の誠を捧げ奉るべく地上天国建設の御聖業に、微力ながらお尽しさ
せて戴く事を決心致しました。

 筆舌に尽せぬこの感激を拙い一文を綴りまして御報告申上げ、御礼
の言葉とさせて戴きます。