平成24年5月度 ミニ講座

裁く勿れ  (栄208号  昭和28年5月13日)


 私はいつも信者にいっている事だが、アノ人は善だとか悪だとか、

御邪魔になるとかならないとかいっている人もあるようだが、そう

いう人がまだ少しでもあるのは充分教えが徹底していない訳である。

 そうして度々言う通り、人の善悪を云々するのは、徹頭徹尾神様の

地位を冒す訳で、大いに間違っているから充分慎んで貰いたいので

ある。それは勿論人間の分際として人の善悪など些かも分る筈もない

らで分るように思うのは全く不知不識の内に慢心峠に上っているからで

ある。従って斯ういう人こそ、実は信仰の門口にも入っ

ていない証拠である。又御経綸にしても人間の頭で分るような、そ

んな浅いものではないので、この点も大いに心得ねばならないのであ

る。何しろ三千世界を救うというような、昔からまだないドエライ仕組

なんだから、余程大きな肚にならなければ、見当など附く筈はない。つ

まり小乗信仰の眼では、節穴から天井を覗くようなものである。



 私は耳にタコの出来る程、小乗信仰では不可ない。大乗信仰でなけ

れば、神様の御心は分る筈はないといっているが、どうも難かしいと

みえて、間違った人がまだあるのは困ったものである。処が世間一般を

見ても分る通り、凡ゆる面が小乗的であり、特に日本はそれが甚だしい

ようである。信仰団体なども内部的に派閥を立て、勢力争いなどの醜態

は時時新聞を賑わしているし、その他、政党政派、官庁、会社等の内部

にしても、御多分に洩れない有様で、これ等も能率や事業の発展に、悪

影響を及ぼすのは勿論である。尤もそういう間違った世の中であればこ

そ、神様は立直しをなさるのである。そうしてこれ等の根本を検討して

みると、悉く小乗なるが為であるから、どうしても大乗主義でなくて

は、到底明朗おおらかな社会は、実現する筈はないのである。



 それだのに何ぞや、本教信者でありながら、世間並の小乗的考え

方がまだ幾分でも残っているとしたら早く気がつき、頭を切替え

て、本当の救世教信者になって貰いたいのである。そうでないと

段々浄化が強くなるにつれて、神様の審判も厳しくなるから、愈々

となって臍を噛んでも追っつかないから、改心するなら今の内と言

いたいのである。大本教の御筆先に"慢心と取違いは大怪我の因である

ぞよ"という言葉が、繰返し繰返し出ているが、全くその通りである。

又キリストの"汝人を裁く勿れ"の一句も同様である。要するに人の善

悪よりも自分の善悪を裁く事で、他人の事などは無関心でいる方が

本当である。



 処がまだ驚く事は、アノ人は余り感心しない事をしているのに、明主

様はお気が附かれないのか、イヤ御気が附かれても、御慈悲で御見逃し

になられているのか、或は仰言り難いのでその儘にしておかれるのでは

ないか、若しそうだとすれば、吾吾が明主様に成り代って、警告を与え

なければならないと思うのだろうが、これが大変な誤りで、私としては

反って不快である。というのは私はそんな甘ちゃんに見られているのか

と思うからである。考えてもみるがいい、仮にそうだとしたら世界人類

を救い、悪魔の巨頭と闘って勝つというような、すばらしい事など出来

る訳がないではないか、故にこういう御親切な人達こそ、私からみれば

大甘ちゃん処か、赤ん坊としか見えないのである。以前私がかいた"

くない者を甘く見る甘さ"である。



 そうして信者は知らるる通り、現在どんな人間でも、毒素のない者

は一人もない。これは体的だが霊的にみても同様、欠点のない者は一

人もないので、それだからこそ神様は浄化によって救われる

のである。又"馬鹿野郎よく考えりゃ俺の事"の名句の通り"甘い奴よく

考えりゃ俺の事"でもある。序だから今一つの事をかいてみるが、私は

誰の心の中でも必要だけはチャンと分っている。只それを口へ出さ

ないだけで、その為明主様は御存知ないのだろうと心配するが、私とし

ては百も承知で、只黙して神様にお委せしているのである。というのは

どうしても見込のない人は、神様は撮み出すか、悪質な人は命まで召上

げて解決されるのであって、今迄もそういう人も何人かあったので、古

い人はよく知っている筈である。右のように万事神様にお委せしている

私は、いつも気楽なもので心中春風の如しである。そうして私からみ

れば、世の中の人の殆んどは甘ちゃんばかりといっていい。世界的英雄

にしても、日本の偉方にしても、甚だお気の毒だが、お人好しの坊っち

ゃんと思っている。その中でも最も甘ちゃんは悪人である。面白いのは

彼の踊る宗教の北村教祖は、人の顔さえ見りゃ蛆虫というが、言い方は

野卑だが、本当だと私は思っている。話は大分横道へ外れたから、この

辺で筆を擱く事とする。



   逆効果の説  (栄124号  昭和26年10月3日)



 どうも世の中の人をみると、骨折って行ったり、いいとして行った事

が、思うような結果が得られないのは、全く逆効果という事を知らない

からで、言い換えれば理外の理を弁えないからでもある、今之を説明

してみるが、之を読んで此理屈が分るとしたら、案外に得をする場合が

あろう、先ずそれに就ての例を挙げてみるが、信者中の先生格になって

いる人達などによくある事だが、自分の値打をより高く見せようと

し、偉く思われようとする考えがあると、人から見て肚の中が見え

透き、反って偉く見えなくなるものである、だからどこ迄も控え目

な態度で、下座に満足するような人は、反って偉く見えるものであ

る、又自分の手柄話をしたがる人もあるが、之も聞きいいものではな

く、聴く人は苦々しく思うもので、又衒(テラ)う事もいけない、只事実あ

りのままを言うのが、一番好感を持たれるし、何事も内輪に話をする方

が、奥床しく見られるものである、又人を世話する場合なども、恩に着

せるような言い方は慎しむべきで、反って有難味が薄くなるものであ

る。



 右はホンの一部分の話であるが、何事にも逆効果があるから、よく

その点を考えてやると案外結果がよいものである、いつかも私は会い

たくない人が、度々人を介して言って来るので、仕方なし会ってやった

処、其人は曰く『メシヤ教とはどういう神様ですか』と訊くから、私は

一向分らないというと、今度は『明主様は世の中の先の事は、何でもお

判りになるでしょう』というから、私は神様でないから、サッパリ判ら

ないと言った処、失望したとみえ、それっきり来なくなった、又こちら

は買いたいし、先方は売りたい土地などあった場合、訊いてみるとつけ

込んで高い事をいうので、暫く放っとくと、先方が気を揉んで訊きに来

る、すると私の方は、もう要らなくなったというと、先方は本当にし

て、非常に安くするのである、以前私を騙して金を出させようとする人

が随分来たものだが、そういう時先方が言わない先に私の方から金に苦

しんでいるので、どこか金を貸す処はないかと訊いてやると、先方は黙

って帰って了ったものだ、又この人は将来役に立つと思うと、私はワザ

と冷淡にする事がある、すると其人は反って一生懸命に、いい仕事をす

るので、斯ういう人こそ立派な人として、重く用いるようにする、まだ

まだ色々あるが、此逆効果という事を心得ておくと、大いに役立つもの

である。



   「神様の事を主に考える事」


「用達をしてから教導所へ来る人には出直して来なければしてやらな

い、といふ方もありますが――?」

 それが本当です。御詣りに来るのは一番先にすべきであって用達を

してから来たんでは効果が少い。だからそれではつまらないですよ。矢

張り神様の事が主なんだから、主となる事と従となる事とははっきり

しなければいけないのです。    (御光話録5号  昭和24年3月8日)



「順序を守る---神様と人間との地位を自覚」


「では御道、順序といふ事は固く言ふべきでせうか?」

 えゝ、言はなければいけません。理の立つ事なら言っていいんです。

――それから私は家内なんかに対してもそうなんですが、先方で浄霊を

してくれといふ時以外はしてやらないのです。その代りしてくれと言へ

ば夜一旦寝てからでも又起きてしてやります。神様に御願ひするんで

も足を運ぶべきです。だからこっちから押かけて行って押売りするの

はいけないのです。希望もしないのに無理にするのは神様と人間と

の位置が顛倒してしまふのです。又こういふ事があります。「この病

気が治ったら御礼をする」といふ人がありますが、之も反対で、これで

神様が下になってしまふのです。つまり、神様の方で治させて頂いて

御礼を頂くといふ事になるのです。(笑声)



 天理教は上げる事を盛んに言ふが、天理教自身に力がないため病気等

が治らずそのため一種の詐欺になるんですが、之は神様が悪いのではな

く、取次する人が効かないのに効くと人に言ふから悪いのです。だから

若し効かなかったらその金を返せばいゝんです。で治らなくてかけ合っ

たりする話をよく聞きますが、然し順序から言へばそれが本当で、神様

の方を主にすべきです。――親切はどこまでも親切にすべきです。実

際問題としてはそうどこまでも親切には出来ないが、事情の許す限り親

切にすべきですね。



 それから又、人に対しては公平でなければならない。あの患者は金

があるから親切にしてやらう、あの人は土百姓だから余り親切にしてや

らない――といふのではいけません。以前使ってゐた女中は、「他の人

は自分の話を聞いてくれないが、大先生だけは私の言ふ事を聞いてくれ

る。之が一番有難い」と言ってた事がありました。大本教の教祖に或人

が「あなたはどの人にも同じ様に応待するが、あなただって人により好

き嫌ひはある事と思ふが、見てゐて一寸も判らない」と言った所、教祖

は「勿論好き嫌ひはある。然し神様は公平なんだから神様の事をしてゐ

る時、好き嫌ひを表す事は間違ひである。だから私はそれを表さない様

にしてゐる」と言った事がありましたが、なかなかいゝ言葉ですね。 

                  (御光話録5号  昭和24年3月8日)




「思う様にいかない時も、決して悲観しない」



 (前略) 今、鉱山をやってますが、非常に良い鉱山を買った。三月程

前に、一つの石を持って来て、こう言うのが売物に――と言うので、よ

し買え。と言うので、翌る日あたり調べに行って、屹度出るに違いない

と言うので、直ぐ買っちゃったがね。そこが、段々進んで行って、もう

少し経つと本当になります。早い時は馬鹿に早いです。箱根の神山荘を

買う時、持主が藤山愛一郎ですね。値段を聞いたら直ぐ知らせろ。と言

って、十六万円ですかね。それで直ぐやれと言った。そう言うのも神様

がやっているんですね。神様がやっているから、人間の考えで、何うこ

う――と定めたりするが、それはいけない。それを、千変万化、自由無

碍と言うんですね。神様が、こうしろと言う事は、随分案外な事や、夢

にも思わない事がありますからね。それで良いんです。

 それから、良い考えが浮んで来ない時は、決してやつてはいけな

。時期が来ないからね。その代り良い考えが出たら、神様がしろと言

うんだから、やると良い。そこの処は、一寸言うに言われない面白い処

ですね。だから、ゆっくりする様な、非常に急ぐ様な、一寸――普通の

世間的のやり方と、非常に違います。私などは、非常に仕事が早いです

ね。用は幾らでもありますが、そうかと言って、少しもせかせかしない

ですね。随分ゆっくりしている事もありますからね。だから、自分な

ら自分、中教会なら中教会で、予定の様にいかなかつたり、思う様

にいかなかつたりする時は、決して悲観しないで、時期の関係で、

神様の考えだからね。そうかと言うと、どんどん発展する。此分で

は、何んなになるだろうと思っていると、ぱっと止まる。それで良いん

です。それで、一年前、二年前に較べるとウンと発展している。それで

も、発展しないと言うのは、横道に入っている。軌道に乗つていな

い。神様にお願いして、それに気がつくと良い。暇な時に――こう言う

時は本を読めと言う事に違いないと、御神書を読むんです。之は何んと

も言えない処ですね。        (御垂示録3号  昭和26年10月5日)



 「神様の御気に入らぬ点を見つける事」


 「一人でも多くの人を救はうと悩む事は如何でせうか?」

 教導所などが不振なのは、何か神様の御気に入らぬ点があるんだか

ら、それを見つける事です。「信仰雑話」をよく読めば判ります。あ

れは標準を教へてあるんだから。「信仰雑話」は何回でも読まなければ

いけません。よくあの中に出てゐる様な事が質問に出ますが、之はよく

読んでない証拠です。        (御光話録4号  昭和24年2月28日)



   「神様が連れて来て下さる」


「人柄が誠実で御道への情熱もあり御浄霊の治り方もよく人から好かれ

てゐる教導師がありますが、その教導所が現在余り発展してゐないの

で、より以上発展する為には治った人が新しい人を紹介さへしてくれゝ

ばよいと日常考へて居りましても中々思ふ様に行きません場合、どの様

な心構へを持つべきでせうか。」


 ま、時を待つんですね、矢張り順序がありますからね。頭がよく

て小学校の成績がいゝからって、すぐ中学には入れませんよ。そういふ

風に段階があるんです。だから、焦らずに時を待つ事ですよ。――例へ

ば、今は世の中の人の一部分ッきり私を認めてないでしょ。若し皆が認

めるなら、みんな私の言ふ通りになりますからね。こういふ事も時期な

んですよ。然し、何時かはその人の値打ちだけの境遇になるんです。

それから又、邪神も盛んに活動してますしね。例へば新聞なんかでも、

こっちがいくらいゝ事をしても、アベコベに書きますからね。



「御利益で治った方に新しい人を紹介する様にと話す事は如何でせう

か?」

 そんな事言っちゃいけませんよ、安っぽくなってしまふ。そんな気

があるのは未だ信仰が本当の線に入ってないんです。決して無理に

すゝめたり、押売りしたりしちゃいけません

 それから、発展しないのは、人間が見ていゝ様でも神様に対して

ピッタリしない点があるんです。ピッタリしてれば、神様がこの人な

らといふ教導師の所へ信者を持って来てくれるんです。神様が霊界

でその人の守護神を働かせて連れて来て下さるんです。思ふ様に信者が

来ないってのは神様の気に入らない点があるんです。人間が気を揉んだ

りすると、神様の方では「あれは俺を信じてないから、いゝ加減にして

やらう」って事になるし、人間の方で心から神様を信じてれば「そんな

に俺を信じるんなら、俺も相当にやってやらう」といふ事にもなるんで

す。感情の点では神様だって人間と同じですよ。喜怒哀楽は同じなん

ですよ。唯、違ふのは、神様の方はそれが大きいし、人間の方は小さい

といふ所が違ふんです。人間は自己愛が強いんですが、神様は非常に自

然であり合理性なんですよ、理窟に合ってるんです。

 それに、時期といふ事もあるんです。時期といふ事は大切なんです

が、人間は全く之を閑却して進むもんだから、どうしても逆結果になる

んですよ。            (御光話録15号  昭和24年9、10月)



「世界人類を救ふといふ気持の薄い人は
              発展が鈍い」


「教導所の発展するのとしないのとの根本原因と、大いに発展して御奉

仕の出来る道を御諭し下さい。」


 これはいろいろあるが、根本としては極く簡単なんで、その人の目

的といふか、心の持ち方といふか、それが大きい方が発展する。

 以前、冠句で「泡くって持ってるものを探してる」といふのがあった

が、正にそうである。

 皆それぞれ持ってる心に原因がある

 治療時代に、私は、治療士(今の教導師)には治療屋と治療士とあっ

て、治療をして安楽に食っていればいいといふのは治療屋であり、大い

に多くの人を助けなくてはならぬといふ愛の気持で従事するもの治療

といった。



 世界人類を救はなくてはならぬといふ考えでやってる人は、その人の

教導所はドンドン発展してゆくし、小成に安んずる人はいい加減な所で

発展が止っている。要するに世界人類を救ふといふ気持の薄い人

は発展が鈍い訳となる。

 中にはそんな事は到底出来ないと思ってる人もある。然し、この教

団は世界人類を救ふ力を持っているのである。そして五六七の世は

造らねばならぬし、又造り得る時期になっているし、又明主様

(私)はそれを造るべき力を与えられている。だから決して之を危

うんだり、心配する必要はないのである。



 真理といふものは、世界人類がみんな救はれるものでなくては本当の

ものではないのである。日本は忠君愛国思想の如きものを真理と思って

いた時があったが、それは国家的利己主義で日本さえ良ければ他国はど

うなってもよいといふ思想で、これじゃ神様が許される筈はない。そう

いふ行り方は一時的のものであって、永久的のものではない。小乗的で

ある。世界中の人が全部救はれるといふものでなくてはいけない。でな

いと、虐げられた国民は皆怨む。世界的大きいものでなくてはいけな

い。                        (年代不明)



  お位牌様も家族の一員 

             『栄光』161号、昭和27(1952)年6月18日発行

            熊本県  明輪中教会 村口みゆき(23)


 明主様日々御守護を戴き有難う御座います。一日も早く御報告申し上

げねばと思いつつも遅くなり誠に申し訳ありません。

 幼少の頃から数多くの兄弟とも次々に死別し、終戦間もなく杖とも柱

とも頼む父にも永遠の別れを告げてからと言うものは淋しい家庭に母と

二人暮しで御座いましたが、世の為人の為に少しでも役に立つ人間に

なりたいと、今から考えれば一番悪い道で御座いましたが看護婦を志

願し、白衣をまとい病院に勤務し、わずかながらも我と吾が心をなぐさ

めていたもので御座いました。



 ある時ふとした機会にお道の事を知りましたが、長年の医学迷信がす

っかりしみ付いてしまった私の心に病気は浄化作用だと言うことは

中々のみ込めませんでしたが、何回も何回もお聞きしている中に少しず

つ分りかけて来るような気がして来ると共に、私の現在している事が恐

しくなって参り、一日も早く止めて本当に世の為人の為になるこのお道

に入らせて頂きたいと言う気持に変って参りました。



 丁度縁あって今の村口家に嫁ぎましてからは大出血、流産と次々に病

に犯され、病床に伏す日も次第に増えて来まして、夢多き青春もあまり

楽しめない私で御座いましたが、前記のような経過を辿りつつ昨年十一

月待望の入信をお許し頂き、会長先生よりお守様の御取次を頂いた時は

感慨無量で胸一杯で御座いました。



 幸い二回目の妊娠中でも御座いましたのでこれを機会にと病院を止

め、主人や母と共に微力ながらもお道の為お使い頂いている今日この頃

で御座います。丁度昨年の十二月五日急に腹痛を覚え、それこそ七転八

倒の苦しみで御座いましたが主人の浄霊を頂いているうち、ふと主人が

「そうだ流産をした子供の霊かも知れない。四カ月位で流産した子

供でも祀って貰いたいと言って知らせる事がある」との会長先生の

御導きを思い出し、早速御仏壇に御火をあげ、今日迄の事をお詫び申し

上げ、お位牌をお祀りさせて頂きますと、善言讃詞を奏上している間

にみるみるあれ程の激痛がうそのようにとれ、すっかり楽にさせて頂き

ました。

 この時の嬉しさ有難さはたとえようも御座いませんでした。思わず、

明主様のおいでになる東の空を伏し拝みました。もしも私があの儘病院

生活を続けていたらそれこそ数十本の注射、あらゆる近代的医療を加え

られ、それからと言うものは恐しい病魔のとりこになるのは必然であっ

ただろうと思われる、その事を考えますとゾッとして身の縮まる思いが

致します。



 それからと言うものは少しずつ自信がもてるようになり、近所の誰れ

彼れを浄霊させて頂いている中に、隣の奥さんが乳経で困っておられる

のを聞き、早速浄霊させて頂きましたところ、猛烈な激痛で一回二回と

浄霊させて頂きましても少しも変化がありません。ふと自分の体験させ

て頂いた流産の子供の事をお話をしますと死産した子供の位牌のないの

に気付かれ「それではないでしょうか?」とのお話に、早速お位牌を作

り、お祭りさせて頂きましたところ、あれ程の激痛もピッタリと止り

翌日はもう起きてお掃除などをしておられる様子に、今更ながら明主様

の偉大なる御神徳にただただ頭の下る思いで御座いました。この姿を見

るにつけても病院では何かと言えばすぐ「手術手術」と言って魚でも料

理するように簡単に切りますが、あの恐しい苦痛もなく救って頂けると

は本当にもったいないようで御座います。



 又近所の一年生になる子供が顔半分腫らして学校も休んでいるから是

非救って頂きたいと母親に連れられて参りましたが、聞けば妹さん(三

つ)も毎日真黄色な小便をするとかでお困りの様子で御座いました。

色々お道のお話をさせて頂き、私の体験などもお話をしている中に六カ

月で早産されたお子さんが二人もおられるとのことで御座いました。

位牌をお求めになりお祭りなさるように申し上げたところ、翌日はすっ

かり顔の腫れもひき、妹さんの方の小便も普通になったとか、再三にわ

たるこの奇蹟に、今更のように信仰薄き私共に霊の実在をはっきりお示

し頂き、感謝で一杯で御座います。



 それにつけてもこうした患者は病院では何回となく接して見ました

が、いやがる泣く子を無理矢理に押え付けて注射をした事を思うと、全

く寒心の到りでお恥ずかしい次第で御座います。再度お恵みを頂いた子

供も無事三月二十日一貫二十匁と言う大きさで、お宮参りの日も過ぎた

この頃では一家笑いの中心で明け暮れを本当に有難く過ごさせて頂いて

おります。先日の赤ン坊コンクールにも見事入選させて頂き、これもひ

とえに御霊徳の賜物と厚く厚く御礼申し上げます。

 この上は主人、母と一家力を合せ、地上天国建設の御用の一端に御奉

仕出来ますよう、精進させて頂く覚悟で御座います。明主様有難う御座

いました。