平成23年3月度 ミニ講座

 一つの神秘     (栄八十三号  昭和二十五年十二月二十日)

先頃、私が入獄中、種々の神秘な事があったが、時期の関係上全部知らせる訳にはゆかないから

追々知らせるとして、今は只一つだけの事をかいてみよう。

忘れもしない、今度の事件で留置されたのは、昭和廿五年五月廿九日であったが、間もなく留置

所にいるのは十八日間という神様からのお知らせがあった。それは数えてみると六月十五日迄とな

る。処が当日の二三日前位から一大神秘が起った。之も或程度以上は知らせられないから、其中の

差支えない部分だけ茲にかいてみるが、確か六月十三日であった。朝から何となく腹が痛いので、

そのままにしていた処、午後になると下腹部一面が猛烈な痛みとなって来た。多分急性腹膜炎だろ

うと思ったのは、何しろ私の身体も、昔の薬毒がまだ相当残っていたから、其塊りが溶けはじめた

に違いないと思って、自分で浄霊した処、どうやら我慢出来る程度にはなったが、まだ何となく気

持の悪い痛みが続いた。いつもなら二三十分も浄霊すれば治って了うのに、此時ばかりは半日経っ

ても、一日経ってもすっきりしない。とうとう一晩中大した程でもないが、痛み通しで翌朝になっ

て了った。そこで私も不思議に堪えず、神様のお知らせを仰ぐと、之は大きい御経綸の為で、止む

を得ないのだから、少しの間我慢せよとの事なので、どうしようもなかった。と共に"そうだ"翌六

月十五日は恰度十八日目に当る。而も、私の著書にもある通り、昼の世界になる黎明の第一歩が、

昭和六年六月十五日である。としたら之に関聯があるに違いない、つまり腹の中を充分清掃する為

の準備的浄化、という訳がハッキリ判った。

而も、面白い事には、十四日の朝素晴しい神夢を見た。それは雪のある富士山の頂上に登った

処、そこに大して大きくもない宮殿風の家があるので、其家へ入り、座って辺りの雪景色を見よう

とすると、目が醒めて了った。と同時に私は今迄にない感激を覚えた。何しろ昔から、一富士、二

鷹、三茄子と言って此三つのどの夢をみても、非常に縁起がいいとされているからで、而も一番好

い富士山の夢で、其頂上にまで登ったのだから、恐らく之位いい夢はあるまい。私が六十七歳の今

日迄、斯んな素晴しい夢は見た事がない。という訳で嬉しさが込み上げてくる。其為少し残ってい

た腹の痛みもどこへやら忘れて了った程だ。

愈々、六月十五日となった。すると朝まだき、今日の重大な意義がハッキリして来た。というの

は以前かいた著書に、私のお腹の中に光の玉があるという事で、之を読んだ人は知っているだろう

が、此光の玉には今迄魂がなかった。処が愈々今日○から○った或高位の神様の魂が宿られた、即

右の御魂が現世に生誕された事になるのである。之から此神御魂が段々御育ちになり、成人され

るに従って、玉の光は漸次輝きを増し、将来大偉徳を発揮さるるに到るのである。

そうして面白い事には、翌十六日には朝から食欲が全然ない。やっと昼頃になって牛乳だけが欲

しくなったので、差入屋に頼んで取寄せ、コップに一杯呑んだが、其美味さは格別だった。其時成

程と思った事は生れたばかりの赤ン坊だから、乳が呑みたいのは当り前で、確かに之が型なんだ。

という訳で愈々大経綸の第一歩を踏み出す時となったのである。即ち花が散って実を結ぶという、

其実の種の中心のポチが、腹の中へ宿ったので、実に人類始まって以来の大慶事である。処が此様

な万人祝福すべき空前の重要神業が、一人の部下もいない陰惨なる牢獄内で行われたという事は、

何たる皮肉ではなかろうかと、私は熟々惟われたのである。此一事によってみても、神様の経綸な

るものは、如何に深遠微妙にして、人智を許さないものたる事を知るであろう。此前後の経路は法

難手記にあるから茲では略す事とする。



     神様と私との関係     (地五十七号  昭和二十九年二月二十五日)

これは昔からよくある事だが、宗教の教祖や自称生神様などは、よく神様に伺いを立てるとか、

神様の御託宣を仰ぐとかいって神憑りになり、自問自答をしたり、自動書記や心に浮かぶ等の行り

方であって、言わば間接的方法である。処が昔から神との交通はこの方法より外にないのは衆知の

通りである。処が私という者は全然異っていて、未だ嘗て世界に例のない存在であるから、一通り

かく必要があると思うのである。

私も以前は神との交霊的方法によって御蔭を得た時代もあったが、これは重大な事柄に限ったの

である。その場合色々面白い事があった。例えば心配事がある時など伺いを立てると、神様は何事

も言われず、只呵呵大笑されるのみで、私はハハア心配するなとの事と解したのである。処が日の

経つに従い果してその通りであったので、今度は私の方も呵々大笑したので、こんな事も度々あっ

た。そうして私が大本教信者であった頃は、国常立尊という神様が時折お憑りになったが、その神

様は崇高な威厳と厳しい霊感のあった事は今でも覚えている。併し一番憑られたのは何といっても

観音様で、絶え間なしという位であった。勿論その時の気持は、何ともいえない和かさで、大慈大

悲の御心が溢れていたのである。

ここで一つの面白い事は、確か以前も少しかいた事があるが、伊都能売金龍と申す神様が憑られ

た事があった。その龍神は数千年間琵琶湖に住まわれ、時を待たれていたのが、愈々時節到来因縁

によって私に憑依されたのである。この神様は八大龍王の頭領である九頭龍といって、俗間で九頭

龍権現のお名前で祀られているのがこの神様である。何しろ長い間龍神であられたが為最初憑られ

た時は眼光爛々と輝き、口は耳まで裂け、額の両側から大きな角が隆起し、背の上部、肩と肩との

真中辺が角型に隆起し、物凄い唸り声を発するので、私は愕然としたのである。その頃の私は霊的

知識がまだ余りないので、何が何だかサッパリ分らなかったが、その後間もなく龍神という事が判

ると共に、暫くして話をされるようになった。その時に話された事は"吾は長い間龍神になっていた

為、人間の言葉が使えなかった処、おかげで漸く使えるようになった"と喜ばれ、それから色々な話

をされたが、その中で随分神秘重大な事を教えられ私は驚きと共に嬉しさが込み上げた事も度々あ

ったのである。

まだ色々あるので何れはかくが、ここで言いたい事は現在の私である。それは静岡事件の際留置

所の中で、頗る神秘な神業が行われた事はいつか話した事があるが、その時私の体内に入られ

たのが最高最貴の○○○○○の神様であって、出所早々散花結実の書を千枚かいて主なる信

者に頒ち与えたのも、その時の経綸によったのである。処がその時から後の私は、以前のように神

様に伺う事は必要がない事になったのである。というのは神霊は私の体内に在す以上、以前のよう

に神と人との隔てが撤去され、神人合一の境地になったからである。つまり神即人である以上、私

の行う事は神直接であるから、私の思うままを行ればいい事になったのである。

このような訳を知ってから分った事は、神様に伺うというのは、最初にかいた通りこれまでの行

り方であって、間接的である。処が今度のようになった私としては、未だ嘗て世界に例のない事は

勿論で、釈迦、キリスト、マホメットの三大聖者は判らないが、恐らく私程の神との直接的ではな

かったと思うのである。何故なれば今日残されている幾多の功績を見ても分るのである。

※今月は「ミクラタナ」の神について分かりやすく説明する為、「一つの神秘」と「神様と私との関係」を掲載しまし

た。この二つの御教えは非常に関連性があり、重要です。  (責任者談)



     御光話録     昭和二十三年四月二十八日

  "人間の神に対する冒涜の罪の裁きはどんなものでせうか。

病気とか又は非常な苦しみです。

    "その場合病気の症状で判りませうか。

判りますね。一家死にたえる、一人ではすまない。神社の大木なんか勝手に切るとひどいですよ。

大抵一家死に絶えて了ふ。神に対する冒涜の怖しさは私も随分体験してます。その中で一番重いの

は、つまりね、昔竜神様を押し込めた罪、押し込めた方に味方した罪が大変で、今はその裁き

の時なんです。今迄の特権階級がさうです。これからは益々大変なんだが、まあ余りはっきりは云

へません。結局は祖霊の罪になるわけですね。

    "三毒の中の然毒には之が含まれてゐるのでせうか。

いやいや含みません。此の裁きに会ふとね、つまり訳が判らずに死んで了ふ。ここの町会長は一昨

日家内が出会った時元気だったんですが、その晩急に死んで了った。こんなのはさうです。

    "唯物論者なんかは如何でせう。

相当な罪です。今に見てらっしゃい判りますから。あれはサタン――赤い竜が支配してゐるんで

す。

   "此の前も宗教家と唯物論者がラジオで対談して居りました。

えゝ私は聞きそこなったですが、私は以前から共産党の赤龍と戦ってゐるんで、今も戦争中です。

今年中にこっちが勝つでせう。二十年前にも共産党の者が私の命を取らうとして匕首を持ってやっ

て来て、それを畳につき刺して脅迫しました。そいつは赤龍ですから顔から首まで真赤だった。そ

の要求は金銭上の事ではないんですが、それを承知して了ふと私の仕事が出来なくなる様なもので

した。私の仕事の邪魔をしに来たんです。



     御光話録       昭和二十三年六月八日

  "神を押し込めた罪とは個人的にですか、又は人類全体としてでせうか。

大きな意味ですよ。神は輿論を以て押し込められたのですから。

主神として天御中主大神が在り、次で高御産神、神御産神が現れ給うた。之で陰陽善悪が出来たの

です。以前或人が「何故神は悪をなす人間を作り且その償ひとして苦しみを与へるのか」と訊ねた

が「私も作られたのであって想像するだけです。因果の理によって悪い事をすれば悪い目に合ひ、

人を幸福にしてやれば自分も幸福になる。それなら人を助けてやればよいではないか」と云ったの

です。まア多少打算的でせうがね。然し最深最奥の所は人間には判らないのです。兎も角人間の目

的は幸福になることです。だから多くの幸福を人々に与へることです。



     御光話録       昭和二十三年七月八日

"主人が教導師で御浄めさせて頂いて居る場合、夫婦共に浄化させて頂くには妻は如何致したら宜

しいでせうか

之は人為的にはどうすることも出来ない。自然にしておくより他にない。――夫婦が別に反対もせ

ず揃っていゝ場合と、反対していゝ場合とある。反対があるのはいゝ事で、それに依って信仰が進

のです。といふのはね、教導師になっても大抵罪がある。で、神様は出来るだけ早く之を除いて

やらうとなさる。罪を取るには人間が苦しむか又善行を積めばよいのだが、人間は苦しむ程汚いも

のが出てくる。所が信仰によって汚れをとるのは楽なのです。妻が反対なんかすれば、主人もいろ

いろ苦しみ、それにより汚れがとれる。そうすると妻も判ってくるんです。主人の方が高まるにつ

れて妻もそれについてくるか或はあんまり離れすぎてしまうと霊界へ行って出直すことになる。

様に御任せしておくのが一番いゝのです。



     御光話録       昭和二十三年四月十八日

京都の一住人からの手紙を井上先生朗読、内容は――

、何故に八つの分会が分立してゐるか、

、天国会では昭和二十五年に大浄化があり、その時天国会の会員だけ残り、他の会員は死んで了

ふとの予言を宣伝してゐるが真意如何

、入会金、御守り代の高価な事、真の宗教ならば金を沢山出したもののみ救はれるなどと云ふも

のではないと思ふが如何

、農村人には天国会の云ふことに驚き真意も判らずに入会してゐるものが相当あり、之では意味

がないと思ふが如何

神様がやってるんだから間違ったことをすればその人が間違ふだけである。神様から制裁を加へら

れる。外の人は気をもむ必要はない。まアこんなことはいゝ加減にしてゐればよい。それから大勢

の中には頭の変なのも居る。そんなのを一一取り上げてゐてはやり切れない。それこそしまひには

観音会警察部を作らねばならなくなる。

大本教の御筆先に「世界の人民三分になる」とある。之は〓(3割)のことか〓(3分)のことかわから

ない。中島の方で大浄化の時は二割しか残らぬと云ってゐるのは、中島が大本で凝ってゐるからそ

ういふんだ。三割が二割までおまけしてある。わたしらは%と解してゐるが、それはわからない。

神様はわかってゐたって人間には知らさない。

やはり大本の御筆先「こわさ故の改心はほんまのものではないぞよ」とあるが、こわくて改心した

のは本当の改心ではない。天理教でもよく人をおどかすが、脅迫するので本当でない。つまり愛で

改心するんでなければ駄目です。不良やヤクザと一緒では神様の仕事ではない。

"福井の方でも昭和二十五年に八割死ぬとか云ってゐる様です。その他天国会でなければ駄目だと

来年になれば大先生は極楽へ行かれて了って御目にかゝれないから今の中に行けとか云ってゐ

ると聞きました

冗談ぢゃない、私はまだ極楽へは行きませんよ。

"全くそんな具合に大先生に対しまして丁度ヒイキの引倒しの様なことをよく耳にします。又分会

分立のことでも会員は大分悩んで居ります

いやみんなケツの穴がせまい。そんなことでは世界は救はれない。争ひをなくするのが此の道であ

るのに争ひを自分らでやってゐては駄目だ。分立も去年文部省で八つにしろといふんで、私は嫌だ

ったがやったまでです。まづ観音会を救ふ事が先ですね。

"下北沢の神官が、将来は一つの宗教に統一されること、薬はいけないものであるが今迄は止むを

得ず使ってゐたこと、赤・白・黒の蟻があり、今に金と銀の蟻に征服されることを云って居りま



蟻にも共産党があるんですね。

予言予言といふが、宗教で予言のないものはない。キリストも釈迦も皆予言者ですよ。「天国は近

づけり」と云ったのも予言ですよ。天理教もさうです。日蓮の「義農の世」といふのも予言です。

が、あゝいふのは捉へ所がないからいゝ。何年何月にどうなるなんていふのは外れるに決ってゐ

る。仮令予言しても又神が変へて了ふんです。それは一般に知れてはいけない事なんだからです

みんな予想なんですよ。予想が理想です。日をきったりするのなんかウソだと知っていゝ。