平成23年1月度 ミニ講座

五六七世界の建設            (自叢十二  昭和二十五年一月三十日)


吾等が唱える五六七世界の実相は目下執筆中で、何れ発表するつもりであるが、茲では五六七世

界建設までの過程に就て些か述べようとするのである。

勿論、五六七世界とはキリストの予言した天国であり、釈迦の唱えた所謂みろくの世である。然

るに此理想世界たる五六七の世は、今や呱々の声を挙げんとする寸前に迫っている事である。

私の霊感によれば、今霊界に於ては既に五六七世界の土台は築かれたのである。之によって近き

将来、いとも現実的に此地上に出現する事は、疑う余地はないのであるから、何と有難い時節に生

れたものではないか。之を慮う時、吾々は歓喜が湧き起るのである。

それに就て知らねばならない事は、例えば今茲に一大豪壮な建築物を建造せんとする場合、今迄

その土地に存在していた古い家は破壊されなければならない。勿論その古材の中から、新建築に役

立つものを選び、洗い浄め、削り治して使用する事は勿論であって、今や五六七世界建設に当って

も、それと同様な事象が行われるであろう。

それに就て今後発生する凡ゆる事態が、人間の眼からみて理屈に合わないような事や、無益と思

う事、破壊的の事等もあるかも知れないが、それは汚穢の一大清掃である事を知らねばならない。

然し一切は神意の具現である以上、人間の凡眼によって、兎や角判断する事は出来ないとすれば、

人間たるもの大いに謙譲の態度を以て、一切の推移に順応すべきである。此事を霊感によって知識

し得た吾等は、常に偉大なる神意を曲解せざるよう戒意し、正しい神観を以て今後人類の経験にな

い、如何なる異常事や崩壊作用も、信仰に徹する者の特権として与えられたる安心立命の境地に住

し、生を楽しみつつ時を待つべきである。

斯様な甚だ掴み所のない言い方も、深遠なる神の密意は現在具体的に言う事を許さないからであ

る。

要するにミロク世界実現前、当然経なければならない其過程に対処する心構えを述べたまでであ

る。



    開教の辞  世界救世教の誕生に就て     (救四十八号  昭和二十五年二月四日)


昭和廿二年八月三十日、宗教法人として創立された日本観音教団並びに同二十三年十月三十日同

じく創立された日本五六七教会は、今回自発的に解散し、右両会を打って一丸としたる新しき構想

の下に、本年二月四日立春の日を期して、標題の如き宗教法人世界救世(メシヤ)教の創立出現となった

のである。

之は、非常に重大な意義があり、勿論神の深き御旨に由るのであって、人間の意図でない事は今

更言うまでもない、何時も吾等が唱える処の、霊界に於ける夜昼転換の時期に愈よ入ったからであ

る、之も吾等が常に言う処の仏教の救いは夜の期間中であるから夜の消滅と共に観世音菩薩の御救

いの転移進展となるので、一言にして言えば仏滅を意味するのである、従而、観世音菩薩の御働き

も救世主(メシヤ)のそれとなるのは勿論である、即ち化身仏であらせられた観世音菩薩は茲に仮面を脱

いで、御本体である神の御働きとなり給うのである。

以上の如く霊界が昼となる以上、之が現界に移写するに於ては、夜の文化は当然不用なものは滅

び有用な物のみが残る事となるのは当然である、それのみではない、長年月に渉る暗黒時代によっ

て人類の罪穢の少なからず堆積せる以上、それの清掃作用が行はれなくてはならない、右の滅ぶべ

き不用物とは之を指して言うのである、而もそれと同時に昼の文化の建設が開始さるるのである、

斯の如き空前絶後の一大転機とは、何を指すのであらうか、全く何千年否何万年以前より決定して

ゐた神のプログラムなのである。

又別の言葉を借りて言えば大規模な世界的破壊と創造が行はれるのである、嗚呼斯の如な重大時

期に際会しつつある今、神の大愛は如何なる形に表はれるかを知らねばならない、即ち其具体化と

しては一切が滅ぶものと生き残るものとの何れかに決定さるるのである、然し乍ら右は止むを得な

いとしても神の恩恵は、一人でも多く滅ぶるものを救はせ給はんとして、神の代行者を選び救世の

大業を行はせ給うのである、又その使命達成の機関として運用されるのが本教であるから、本教の

使命たるや実に大なりというべきである、此意味に於て愈よ切迫せる最後の時期に当っての活動こ

そ括目すべきものがあらう、其結果吾の唱導する地上天国こそ最後の目標でなければならないので

ある。

私は、これまで顧問の名の下に、いはば蔭にあって経綸を行ってゐたが、漸く基礎的工作も出来

上ったので、茲に表面的活動に移る事となった訳である、端的に言へば、いよいよ本舞台に登場す

る事となったのである、従而各般に渉って漸次組織形体は固より、活動の形式も新しく生れるのは

勿論である。

そうして、祝詞にもある如く観世音菩薩、光明如来、メシヤ(救世主)、彌勒神等も、御名は異

なれど同一の御神霊である以上根本は変るのではない、いはば時期に応じて御神霊の活動範囲が拡

充するのであるから、御神体も御守りも或時期まではそのままで差支えない、未だ種々発表したい

事もあるが、時期の推移に従って漸次発表する段取となるので、今は此辺に止めておくのである。

最後に言はなければならない事はこれ迄は観世音菩薩の御働きであったから、言はば東洋的であ

った、然るに時期切迫の為どうしても一大飛躍によって全人類を救はなければならない、とすれば

世界的に拡充する必要がある、世界救世教の名に因る所以である。

今一つは観世音菩薩は、善悪無差別的の救済であったが、愈よ地上天国が目前に迫り来った、今

日茲に善悪を立別け、善を育て悪を滅しなければならない事になった、所謂悪のトドメである、従

而救ひの力も決定的でなくてはならない、その力こそメシヤの揮はせらるる大神力である。

嗚呼、慶賀すべき時とはなったのである。



      世界救世教教義            (救五十三号  昭和二十五年三月十一日)


抑々、世界の創造主たる主の大御神(ヱホバ)は、此地上に天国を樹立すべく、太初より経綸を

行はせ給いつつある事を吾等は信ずるのである、之に対して人間を神の代行者とされ給うと共に、

一切万有は人間の為に造られたものである、故に今日迄の人類史は其為の準備工作に外ならない事

を信ずるのである、従而、神は其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教を顕はし給い、それぞ

れの使命を遂行させ給うのである。

今や、世界の状勢は混沌として帰趨を知らず、此時に際し、主神は吾等の岡田茂吉教祖に救世主

の大任を下し給い、人類救済の聖業を達成せしめ給うを信ずると共に、人類の三大災厄たる病貧争

を根絶し、真善美の完き恒久平和の理想世界実現を目標として精進邁進せん事を期するものであ

る。


   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

     浄霊日記        槐安生           『栄光』145号、昭和27(1952)年2月27日発行

某月某日

 朝、薄茶を一ぷくたてて新聞に眼をとおしているとなんの脈絡もなく、突然、M氏の娘さんのこ

とがふと頭に浮んだ。

 このところ、何カ月も御無沙汰していた折だし、一寸顔を出して帰りには川千鳥に往き通う、大

川端の長閑な風景を見て、気分を変えるのもいい事だ、と思い支度もそこそこに家を出た。

 Mさんは私を見ると、アア……いいところへ来て下すった。娘に浄霊を願います。と手を合せ、

神様が貴君をここへ寄越して下すったんです。と云う。浄霊ですかと容態も聞かずに、勝手知った

二階へ上った。まず、光明如来さまに御挨拶申上げて、寝ている娘さんの憔(やつ)れた貌を覗き

込んだ。先生ひどい浄化なので、今朝もお電話でお願いしようかと父に相談したんですけど、先生

は暇のない方だから御気の毒でお願い出来ない。と云って遠慮していたのです。教会の先生も毎日

来て下すっていますが、今朝から特に辛くて……と云い、この前、先生が来て下すったときも、槐

安先生がこんなときに来て下すったら……と思っている時に、丁度来て下すったし、今日も先生に

お願いしたい。と申していたら来て下さった。神様に私の思いが通じて、そのとおりに神様が先生

を浄霊に寄越して下すったのですね。と娘さんは嬉しそうな笑顔を見せた。

 このような、偶然とはいい切れない出来ごとは、実は私もこのMさんだけでも三回ある。最初は

上の娘さんが全身硬化。と云う見たことも、聞いた事もない病状で苦しんでいる時に往き合せ、三

日三晩付き添って浄霊したし、あとの二回も先方で来て貰い度い。と噂しているところへゆき浄霊

している。

 それに、もう一つ気が付いたことは、人間の想念というものが、電気のように相手に通じるもの

だ。という事と、想念は直ちに霊界に届き、そしてこちらに映る、という事だ。想念のみならず、

平生、割合いに看過されている言霊の働らきの重大なことも、あわせて如実に教えられた思いであ

る。それと同時に、この娘さんの浄化の原因がどこにあるかを感じ明主様の御力の有難さに思い到

って粛然と襟を正したのであった。

 この娘さんの病気というのは、もう二十年来のもので、他人に話も出来ない、珍らしい気の毒な

病気である。医学の学名にはあっても、実際にそれを見たことのある医師は、極めて寡(すくな)

いにちがいない。それだけの難病であるから、浄霊も永く受けていながら、良くなる速度も目に見

えないほどの程度である。男とちがって娘の身、本人は勿論、親兄弟の嘆きもひと通りではない。

思い静めての揚句の果、父親が明主様の御面会の日に、お伺いしたのである。明主様の御教えがど

うあるかは、ほぼ私にも想像出来ていた。果してその通りであったが、明主様にお伺いした。とい

うだけで、その翌日から浄化が始まったのである。待ちに待ったこの浄化が、今日まで皆無であっ

たのだ。それが明主様の御言葉をただ一度いただいただけで浄化し、治癒の速度が早められた。と

いう事は、まこと、神変不思議といわざるを得ない。

 これと同じような例は、まだ他にもある。私の浄霊を受けに来る、眼の悪い小路さんも、私が浄

霊日記に書き、明主様の御検閲を願ってから、友人が驚く程、浄霊が眼の奥底に響き、それまで涙

も出なかったのが、急に溢れるほど出てくるのであった。この分なら、長年月の薬毒が溶解して、

目脂となって出てくるのも案外に早く、視野が広くなるのも期待出来る。と私も本人も喜んだので

あった。

 本部にあてて御守護の電報をうち、それが着く時刻になると、御守護を戴ける例を見ても、明主

様の御言霊、御想念が、ひしひしと信者にこだますものである私個人に関しての事なら、こうした

驚ろくべき事例は教え切れない程経験させて戴いているのである。天地開闢以来、このような有難

い事例が他にあった事を私は聞かない。

 明主様が、偉大な救世主であらせられることが、今更に立証された思いでありメシヤ教の信徒と

なれた、この身の忝(かたじ)けなさを、改めて神様に、祖霊様に感謝したのであった。

   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    御霊徳に知る自分の前世     『地上天国』9号、昭和24(1949)年10月25日発行
                     横浜市中区曙町三ノ三九  日本観音教明成会 藤本さき(47)

 私は昭和二十二年十二月教修を戴いた一信徒で御座居ます。私は前に二度も腸捻転で手術をしま

したが、三度目の手術をする寸前にお観音様に救われまして手術をせずにすましました。本年三月

十一日の夜、私の家で家族の者に浄霊をして戴いていますと霊が浮き、「タタタタ……………ツツ

ツ…………ツ。ヂャヂャヂャ……………ヂャ。リラリラリラ。」と連続的に奇声を発し、咽喉がつ

まったようになり、これだけ口で言うのに一時間程かかりました。このような状態が続き、四月十

八日当地に会長先生御出張の折に御浄霊を戴き、また本部に御伺いして次のように私の前世の全貌

が明らかにされました。その時の会長先生の一問一答を傍聴記録により掲載させて頂きます。私は

女なのですが全く変った口調になってしまいました。

【藤本さき憑依霊口述筆記大要】   昭和二十四年四月十九日及二十三日の午後。
 場  所  明成会本部          御浄霊者  会長先生
 速記者   岡田万次郎          傍聴者   信者五十数名
 御浄霊はじまるや直ちに冥目、首振り出す、無無我。問答大要左のごとし。

先生「貴女は今どこにおりますか?」

 霊「やちまた(八衢)。」

 先「いつ八衢へ上りましたか?」

 霊「ついこのあいだ。四月十四日。」

 先「どうして上れたのですか?」

 霊「お観音様の御慈悲ぢゃ。有難いお光によってぢゃ。」

 先「地獄には何年位おりましたか?」

 霊「四百五十年、それから抜け出し狐霊界に入り四百年近くいたのぢゃ。」

 先「では前の世では何をしておりました?」

 霊「くげ、公卿ぢゃ。」

 先「どこに住んでおったのですか?」

 霊「京都ぢゃ。」

 先「名前は」

 霊「九條ぢゃ」

 先「男だったのですね。」

 霊「男だったのぢゃ。藤原鎌足に仕えておったのぢゃ」

 先「どこで死にましたか?」

 霊「五條で殺されたのぢゃ」

 先「どうして?」

 霊「五條の橋の上で宝の筒を持っていたのぢゃ。腹を突かれて今も痛いのぢゃ。」

 先「その中に何か入っていましたか」

 霊「軸ぢゃ。」

 先「どなたが書いたものですか?」

 霊「時の天皇ぢゃ。」

 先「絵ですか?」

 霊「字ぢゃ。」

 先「天智天皇ですか?」

 霊「そうそう。」

 先「子供は何人ありましたか?」

霊「四人。男が三人、末子が女だったのぢゃ、末子は今いる一雄じゃ。三番目は山梨にいる一雄の妹ぢゃ。」

 先「藤原鎌足は今、生れ変っておりますか」

 霊「わしの弟の上條利長がそうじゃ。今京都におる。」

 先「あなたはどうして死んで地獄へ堕ちたのですか。地獄へ行く途中閻魔様の審判をうけましたか?」

 霊「いやいや。」(首振る)

 先「直通か?」

 霊「そうそう。」(傍聴者失笑)

 先「いやはや。でも悪いことはしないと申しましたが。」

 霊「ぜいたくをしたからぢゃ。」

 先「食物ですか?」

 霊「左様左様。」

 先「ではお伺いしますが、第三地獄はくらいですか?」

 霊「まっくらぢゃ。(身をふるわせて寒気立つようすをする)これもやむを得ん。ぜいたくをした罪ぢゃ。」

 先「それからどこへ行きましたか?」

 霊「第二地獄ぢゃ。」

 先「明るさは?」

 霊「お光が射して来たので少しは明るいのう。」

 先「食べ物は?」

 霊「少し。」

 先「第一地獄は?」

 霊「朝十時頃の明るさぢゃ。」

 先「食物は?」

 霊「食べておる。お観音様からいただくのぢゃ。」

 先「着物は?」

 霊「第一は青、第二は赤、第三は黒ぢゃ。」

 先「では今度は八衢のようすを伺いましょう。」

 霊「何でも食べられる。美しい鳥がたくさんいる。建物は全部鉄筋コンクリートじゃ。広い広い道路を素晴しい自動車

が走っておりとてもとてもきれいなのぢゃ。」

 先「それでは天国はどんな風ですか」

 霊「―――。」(首をかしげている)

 先「わかりませんか?行ったことがないからね……。」

 霊「わからない。」

 先「今八衢のどの辺におります?」

 霊「一番下ぢゃ。これから段々と上るのぢゃ。」

 先「八衢には大勢人がいますか?」

 霊「大勢ではない。」

 先「地獄は?」

 霊「一ぱいぢゃ。」(傍聴者笑声)

 先「一体、死ぬと皆八衢へ行くのぢゃないかね?」

 霊「いやいや。」

 先「ではここにいる人ですね、この人達が仮りに行くとしたらどこへ行きますか。八衢ですか?」

 霊「第三々々。」(傍聴者一同息をのむ)

 先「これは驚いた。でも大先生の御弟子は大丈夫でしょう。」

 霊「今は八衢」(一同安堵)

 先「信者であっても悪いことをすれば駄目ですか?」

 霊「その人にある。」(声大にして云う)(傍聴者笑声)

 先「一体、地上天国に入れる人ですがね。二十万人(信者数)のうちどの位ですか?」

 霊「―――。」(首かしげている)

 先「何割位?」

 霊「一割。」

 先「もっと残りませんか?」

 霊「大先生の御恵みによってぢゃ。」(一同感嘆)

 先「うむ、そうですね、ではお尋ねしますが、医者や薬屋はどうなりますか?」

 霊「駄目々々。」

 先「料理屋や、花柳界などはどうですか?」

 霊「だんだん悪くなる。」

 先「あなたのところではどうしてやっておりますか?」

 霊「時期ぢゃ時期ぢゃ。」

 先「浄化はいつ頃からひどくなりますか?」

 霊「この秋から始り、十二月にはひどくなるのぢゃ。」

 先「病気ですか?」

 霊「左様々々。」

 先「色々な浄化作用が起るでしょう。」

 霊「想像もつかぬような事が起るのぢゃ世の中の者は大馬鹿者が揃っておるから分らないのぢゃ。」

 先「病気は疥癬ですか?」

 霊「いやいや。疥癬は大先生がおやりになったからぢゃ。」(端坐したまま両膝をバタバタ座布団へぶちつけもどかし

そうに云う)(一同感涙す)

 先「では霊界はいま大変でしょう。」

 霊「霊界は今、上を下への大騒ぎをしておるのぢゃ。」

 先「戦争の準備はしておりませんか?」

 霊「まだしておらぬ。」

 先「米ソ戦は?」

 霊「せずには治まるまい。」

 先「戦争の時期はいつですか?」

 霊「○○年○月ぢゃ。」

 先「戦争の期間は」

 霊「三月ぢゃ」

 先「あと何年位で日本の地上天国は完成しますか?」

 霊「○○年ぢゃ。」

 先「世界の地上天国の完成するのは?」

 霊「○○年ぢゃ。」

 先「あなたも大先生様の御恵で救われてうれしいでしょう。あなたの希望を聞きましょう。」

 霊「おたすけ。」(喜びの表情)

 先「人救いをすることですね。」

 霊(深くうなずく。)

 先「では御苦労でした。お疲れでしょう霊界の様子をお聞きして皆よろこんでおります。御苦労様、お帰り下さい。」

 霊、坐ったまま平伏、後頭部から首筋へかけて痙攣ややして、ふと我にかえり眼を開きて何事もなかりしごとく、もと

にかえる。   所要時間四十五分。

 以上のごとく身をもって体験し霊界の事象を少しでも知ることが出来まして地獄の霊がまたたく

間に救われると云う、この事実は誠にお観音様の広大無辺の御霊徳であり深い深い御慈悲でありま

す。

 私の叔父が福島県岩城石川町の在に住んでいますが、先祖代々の家宝藤原家から伝わる昔の鏡が

あると聞いております。また、私は一人も子供に恵まれず、一雄というのは私の子供ではありませ

んが、一見女を想わせる風貌があり、親戚の子供で生れた時から私が手を掛けていたのも不思議な

因縁で、自然と一緒に暮すようになり、自分の子供のようにしております。このように私の身辺を

見て考えて見ますと、霊の言う事とすべて一致します。本当に不思議な事ばかりです。二月十七日

には光明如来様を奉斎させて戴き、主人始め一家四人教修を頂き毎日の日常生活に数知れぬ大きな

御利益を、また無限の御霊徳にただ有難さで胸が一杯です。微力ながら一家揃って御恩返しの百分

の一をと思い、お観音様の御仕事の御手伝をすべく働かせて頂いております。誠に拙い筆で思うよ

うに表現出来ませんが、多少なりとも皆様の御参考になりますれば幸いと存じます。大先生様有難

う御座居ました。