岡山支部4月度メシヤ講座

【岡山支部4月度メシヤ講座】

支部長:今月の学びは「本教救ひの特異性」という御教えなんですけど、何を目指すのかという具体的方向性を示されているので、そういう位置付けの元に意識をして頂いて下さい。

本教救ひの特異性 (自叢四 昭和二十四年十月五日) 
本教の使命は地獄で苦しんでゐる人達を、天国へ救ふので、それによって社会を天国化そうとするのである。此意味に於て、人を天国へ救ふには、先づ自分が天国に上って天国人となり、大衆を救ひ上げるのである。つまり地獄から天国へ梯子をかけて、手を延して一段一段登らしてやるといふ訳である。之が今日迄の凡ゆる宗教と異る点で、それは寧ろ反対でさえある。
周知の如く、昔から宗教人といえば、粗衣粗食、最低生活に甘んじ、難行苦行を重ね、自分は地獄的状態にあり乍ら衆生を救はうとするのであるから、梯子を逆に用ひる訳である。即ち、救ふ者が救はれるものを押し上げてやるのであるから、上から引張るよりも押し上げる方が、どの位骨が折れるかは、推察さるるであらう。

処が、その当時としては、実は天国は出来てゐないから止むを得なかったのである。勿論それは時期尚早の為で、霊界が夜であったからである。然るに、昭和六年以降、漸次霊界は昼になりつつあるので、天国を造る事は容易になったのである。否、人間が造るのではない、神様が造るのであるから、自然に時の進むに従ひ進捗するので、人間はただ神のまにまに動けばいいのである。即ち、神が設計し、監督し、多数の人間を自由自在に使役するので、私としての役目は先づ現場監督と思えば間違いないのである。勿論其一部として現在天国の模型も造ってゐるので、信者諸君はよく知る処である。


右の如くであるから、土地にしても予期もしない時期に、予期もしない位置に、売りたい人が出る、すると私はハハー神様がここを買えといふのだなと思ふが否や、それだけの金額は別に苦労しないで集ってくる。それに準じて、最も適した設計者も土木建築家も、材料も思ふ通り必要なだけは、判で捺したように入手する。庭木一本でも突如として誰かが持ってくる。それがちゃんと当嵌まるような場所がある。時には、庭木が数本も数十本も一時に入手するので、私は戸迷いするが、之は神様がなさる事と思ふから庭を睨み乍ら、順々に植えて行くと、過不足なく、きっちり当嵌ってしまふ。その度毎に、一切は神様がやられる事が実によく判るのである。或位置に斯ういふ石や木が欲しいと思ふと、一日か二日
でちゃんと来る。之が奇蹟でなくて何であらう。斯ういふ事をかけば限りのない程で、追々かく事にするが今はただ片鱗だけをかいたのである。


此文は凡て人間がやってゐるのではない。神様の経綸のままに、人間がやらされるといふ事を、判らせる為にかいたのである。之等によってみても、神意は地上天国建設の第一歩として、その模型を造られるといふ事があまりに明かである。然し乍ら、模型ばかりではない、人間、個人が天国人とならなければならない。否、なり得る時期が来てゐるのである。勿論、家庭も天国化し、天国的生活者となるのである。それで初めて、大衆が苦しんでゐる地獄から救ひ上げ得るのである。故に信者に対し、私は常に出来るだけ苦のない生活環境を作るべきで、それが神意に叶ふ所以であるといふのである。即ち、病貧争の三苦が除去されなければ本当に人を救ふ事は出来ない。然し其様な事は、夜の世界では不可能であ
ったが、今日はもはや可能となったのである事を知らなければならない。彼の釈尊の唱えた苦の娑婆の時機は最早終ったのである。此事の真諦が判ったとしたら、その歓喜は人類の経験にない程絶大なものがあらう。


支部長:先月は世界メシヤ教教義を学ばせて頂きました。教義の中で非常に大切なのはどこかということを学んで今日の祭典に臨まれたと思いますが、教義自体はどの部分をとっても重要なんですけども、我々の決意という部分では一番最後の「病貧争を根絶し真善美の全き恒久平和の理想世界実現を目標として精進邁進せんことを期するものである」というこの部分が我々の決意を表す部分なので、先月学んだように自らの一ヶ月のスタートとして、今日そういう決意の元に祭典に臨んでいただけたのではないかと思います。そしてその具体的な部分として、「本教救いの特異性」ということで神界の方から本日この御教えを学ぶようにと・・・何故かというと、教義の具体的な救いの在り方というのがここにメシ
ヤ様がお述べになっておられるので、その事を理解して進めていくということです。

では順番に振り返ってこの特異性を見ていくとですね、まず我々の本教の使命として一番大切な所が最初の行の「地獄で苦しんでゐる人達を、天国へ救うんだ」ということがまず一番の目標という事になってきますね。そしてその救い方というのは、我々が救う人達のお尻を下から押し上げるのではなくて、自分達が天国人となって上からその人達を引っ張り上げるんだという、今までの宗教とは違うということをここで述べていただいています。
ですから、まず我々は天国人になる努力をしていくと・・・天国に住する資格を頂く努力をしていくというのが、信者としての務めになってきます。そうするとまずは曇りを作らない生活、徳を積む生活、そして真理を理解していく生活ということになっていきます。

そして、できるだけ苦のない生活をするようにということで、やはり隣近所から誰が見てもあそこのお家はちょっと違うなぁというように見せていくと・・・。自分の家に病貧争があってそれで人を救おうとしても、あなたの家はこうじゃないのと、相手は腹の中で分かってますから、言葉に力がありませんから、そういう言葉に反応してもらえません。ですから、まず自分の所に病貧争がないようにしていくと・・・そのために救いの実践としてメシヤ様が何を残してくださったのかというとですね、御教えです。ですから御教えのほとんどは、救いの実践の為に書かれている。自分達が救われていくために書かれているのが御教えなんだと・・・それを実践していくことによって、まず我々自身が天国人になるこ
とができる。そしてその感謝と喜びを持って多くの人を幸せにしてあげる努力をするという、こういうリズムなんですね。
ところが、昭和29年の時に明主様からメシヤになられたのにまた明主様に戻してもらって・・・戻すということは、天照皇大御神様の御存在というものが現界の働きができない状態にしてしまったという事でまた夜の時代に入ったと。

メシヤ様御在世中に入信してた人というのは、この中では○○さんくらいで、他の方はその後の入信ということですので、本当の昼の世界の光というものは体験したことがないですよね。ですから自分達が救世教に入信して、教会時代とか一元化以降の世界の中で信仰をしてきましたけれども、本当に幸せになって病貧争のない人間になっている人というのは非常に少ない。ならんとしつつある人はいますけど、なれない状況がずっと続いています。それは日の神様を隠していたから・・・だから何十年も信仰してても、どうしてもそこに御教え通りのことが進まないので、自分の考えが入ってきます。そういったもので信仰してきて、そんな中でも神様とピントが合った時にはご守護いただくので、教団が方針とし
て出したことには御守護はあまりないのですが、信者さんが神様に真向かってる時には御守護いただくんです。それを神様から教団に頂いている御守護と勘違いをして進んできたのが、今までの教団の在り方です。

純粋に皆さんがメシヤ様に真向かった時には必ず御守護いただいてきてます。だけどその御守護も本当の一流の御守護じゃない。日の神様が隠れた状態の御守護なので、どうしてもそこに自分の考え、力が入ってきてるというのが現状です。それを去年の6月15日に天照皇大御神様をお出ししたので、今度はお言葉通りにやっていかないと物事が解決して行かない・・・御守護が頂けないという状況が生まれてきつつあります。そして自分の心の中にある有り様というのが出されていく、心のままの状態が要するに霊層界ですから、霊層界と同じように自分の自所為が決まっていくというのが今のこの時であるので、これから一年間、自分自身の霊籍をもっと上になるように、その為の積み上げが必要になりますね


そしてメシヤ降誕本祝典が終わった後ですね、メシヤ教内でも型として今ちょっと浄化が続いていますけども、それも力のほんの一部をメシヤ様が発揮されて型を我々に見せて下さっているわけですね。そのことも御垂示があったんですけど具体的なことは申し上げられないんですけども、それが今度は全員に広がっていきます。ですから自分の心の有り様というのが表に出てくる。心の中にですね、人に対して表向きで合わせていても、心の中で思っていることが現れてくるような状況に立ち至ってきます。
その時に、その人が本当にメシヤ様を求めているのか、メシヤ様メシヤ様と言ってても実はそうでもなかったのかというのが浮き出てくるような状況にこれからなってきますので、本当に自分とメシヤ様の霊線を強く持てるようにですね、それにはやはり光ですね。

「神は光にして光あるところ幸福と平和と歓喜あり、無明暗黒には闘争と欠乏と病あり」

と、巻頭言の中で仰っておられますので、本当に光を頂くという事をしていただきたいんですね。その光によって物事が変わっていく。一番強い光というのは、箱根熱海の大きな祭典ですけども、その次は本部の祭典、その次は支部の祭典ということで・・・地域においてはやはり支部で強い光を頂いて、そして基本業と言われている参拝と浄霊と奉仕という事がありますけど、それ以外には御教えの拝読ということを・・・これからはそこから眼を離さないようにして頂きたいんですね。そして自分の考え方と御教えとが合ってるかどうかという事を常に見ながら進んでいただきたいんですね。往々にしてズレているということがありますのでね。そしてとにかく素直になるということですね。この「本教救いの特
異性」の中に、この地上天国というものは人間が造るのではない、神様が造るのであるから自然に時の進むに従い進捗すると。人間はただ神のまにまに動けばいいということで、ぶっつけられた仕事をすればいいというお言葉がありますが、本当に素直にですね、話を聞いてメシヤ様のお言葉を聞いて動いていくようにして頂ければいいかなと思います。

そして最後の段落の、「此文は凡て人間がやってゐるのではない。神様の経綸のままに、人間がやらされるといふ事を、判らせる為にかいたのである」ということですから、メシヤ様御自身も観音様の操り人形でおられた様に、我々自身も神様からのお言葉を素直に頂いて実践していくということが非常に大事かと思います。(中略)

それから、「人間、個人が天国人とならなければならない。否、なり得る時期が来てゐるのである。」とありますね。そして「家庭も天国化し、天国的生活者となるのである。」とあります。そうして初めて大衆が苦しんでいる地獄から救い上げることが出来るんだというふうに書かれてますから、自分達が天国的生活者となるように、そういう家庭を作るように、自分には何が足らないのか、自分はどうすればいいのかということを考えて進めていこうとすれば、自分の殻を破らないと進めて行けないという事に・・・今までの自分ではダメだから今の状態があるというふうに理解してもらって、そこを乗り越えていくためには、相手に変わる事を求めるのではなくて、自分自身が変わる努力をすることで相手は変
わっていくんだという事で捉えていただいて、まずは天国的生活者となる努力をしていくと。
それには先程言った4つありますけども特にですね、「できるだけ苦のない生活環境を作るという事が神意に叶う所以である」とありますので、贅沢をしなさいというのではなくて、分相応の在り方で生活をして頂けるといいのではないかなと思います。
そしてその後の、「病貧争の三苦が除去されなければ本当に人を救ふ事は出来ない。」という言葉がありますね。病気のない健康人、貧苦から脱出した人間、和を好み争いを嫌う人間ですね。そういう人間にして滅ぼしたもうはずはない!とメシヤ様は仰っておられますので、そういう自分になる努力をして頂ければいいのではないかと思います。
そしてその事の真諦が分かったとしたら・・・という事で締めくくっておられますから、本当にそのことに感謝をしてですね、我々自分自身の救いということに感謝をして日々の生活を送らせていただければいいのかなと思います。(後略)