支部責任者より

初めて訪れた方々へ

これから、少しお時間をいただいてお話をしたいと思います。

 前もって断っておきたいことは、これから私が話することは、
今まで皆さんが聞いたこともないような、誰も言わなかったよう
な変った話ばかりです。

 

 そこで、ビックリするというよりバカバカしいとか、そんな事
があるわけないというような感想を持たれるかも知れません。

 

 しかし、偉い先生が言ったり書いたりしているような話なら、
私が話する必要がないので、何かの参考になれば幸いと思います
ので、お聞きいただきたいと思います。







 《安心して暮らせているか・・・》



 皆さん、自分達を取り巻く環境を考えてみて下さい。現代社会
は、科学の進歩と共にさまざまな発明や発見を通して文化が発達
し、身近な生活を始めあらゆる面に渡って利便性のよい環境にお
かれていますが、安心して暮らせるているかというと、決してそ
うではないと思います。

 

 私は、物質文化が発達すればするほど、様々な問題が発生して
きて、我々の小さい時から比べれば、段々と住みにくくなってき
ているということを実感しています。



 世界に目を向けると、局地的な武力衝突はあとを絶たず、内戦
からいつ戦争に発展するか分からない不安定な状況です。また1
国の経済危機が今や世界全体の経済危機を招くような社会の仕組
みになっています。また病気にしても、インフルエンザウィルス
や突然変異による病原性鳥インフルエンザをはじめ色々な伝染病
が発生すると、それが1国に止まらず世界的に広がっていくよう
な社会構造にもなっています。



 身近なところで、身の回りを考えると、何時病気にかかるかも
しれない不安、失業の不安、また、何時交通事故に遭うかもしれ
ない不安や自然災害に巻き込まれる不安等々、楽しみより不安や
苦しみの方が多い現在かもしれませんね。お釈迦さんは、「この
娑婆から生病老死の四苦は免れない」と言われましたが、まさに
四苦が倍になって、四苦八苦しているのが、現代人の姿ではない
かと思います。







 《人類は幸福から遠ざかっている》



 人類は、物質文明さえ発達させれば、物資豊かな幸福な社会が
実現すると思って進めてきたのが、現在の社会でありますが、残
念ながら人々の暮らしは、幸福というところから段々と遠ざかっ
ていっているのが、現実であると思います。



 社会に目を向けると、三大成人病や生活習慣病、そういったも
のに代表される病気による苦しみをはじめとして、自殺や人殺
し、そして兇悪犯罪。いじめを含めた青少年犯罪の激増や犯罪の
低年齢化、また、経済の後退に伴う失業者の増加と失業の不安、
国民不在の政治、経済の行き詰まり、そして汚職や脱税等々、数
え上げればきりがありません。今まで幸福になると思って歩んで
来た道が、実は地獄への道であったと思うのです。



 こうした不安や苦しみの原因は何か・・・ということですが、
それは、一言で言うと、
今の文明が真の文明で無いからです。







 《真の文明とは何か・・・》



 では、本当の文明、真の文明とは何でしょうか?・・・皆さん
も考えてみてください。如何ですか?・・・真の文明とは何かと
いうと、一言で言えば、
皆が安心して暮らせる時代であり、いわ
ゆる
完全に生命の安全が確保される世界、それが真の文明世界
言われるものだと思うんです。

 

 さらに詳しく言うと、大きくは戦争のない世界、また個人にし
てみたら病気のない世界、これが本当の文明世界というものだと
思います。なぜなら、この二つが災いが、絶えず人間の生命を脅
かしているからです。







 《真の文明世界の出来る時代が来た》



 しかしですね、、そんな世界なんて、出来るとしても何百年も
先の事だとお考えになるかもしれませんしね。出来るわけがない
と思われるかもしれませんがね・・・。

 

 しかし、決してそんな遠い世界のことを言っているんでも無け
れば、出来ないことを言っているのではありません。そうした

の文明世界の出来る時代が来た
という事を、最初に申しあげたい
と思います。







 《病気と貧乏と争いのない世界を願いに》



 メシヤ教の願いとするところはですね、病気と貧乏と争いのな
い世界、これを造っていきたいという願いの元に、いろんな諸般
の活動を進めております。この3つの災いの中でね、一番の因は
何と言っても病気だと思います。



 何故かと言うとですね、病気というと、熱が出たとか、あっち
が痛いとかいう、そういう肉体的なものばかりを連想しがちです
けど・・・病気には、肉体的病気と精神的病気があるわけですよ
ね。



 貧乏であるからと言っても、健康であれば何とか働けて、少し
ずつではありますが、貧困からは抜け出すことが出来ますね。ま
た、争いや戦争の原因も、これは何かというとその当事者や指導
者などの精神的な病気から来ています。泥棒や殺人を犯すという
ようなことも、同じように、精神が病んでいるからですね。



 また、子供同士のいじめや、犯罪の低年齢化と言ったことも、
これらも同じで、精神が病んでいるからです。こういった事は、
子供からのSOSだと受け止めて、精神的改善を進めていかなけ
れば問題解決にはなりません。それから、子供の場合は親の考え
方や子供への接し方が大いに子供の言動に影響してきます。







 《精神的病気の改善は宗教より他にない》



 肉体の病気だけだと何とか医学でということも現代人は考える
でしょうが、精神的病気を治すには皆さんはどうしますか?


 精神病院に入れておしまいですか?


 これではいつまでたっても精神的病気は治らないし、患者は増
加するだけで減りません。これが今の、現代社会の現状です。こ
れを打開するには実は宗教より他にはありません。



しかし、宗教と言っても、既成の宗教や加持祈祷の類では治す事
は出来ません。もし、そういうことで治せるのであればですね、
過去と較べて精神的病気の患者は減り、いくらかでも住みよい社
会が実現していなくてはいけませんよね。


 しかし、現実はどうでしょう?


 自律神経という軽い精神病も含め、躁鬱病をはじめ精神的病気
を抱える患者は段々増えつつある現状ですよね。







 《医学は対症療法であり、根本的治療ではない》



 さらに言うとですね、皆さんは医学で病気が治るものと思い込
んで、信じていますが、本当は
肉体の病気でさえ、医学では治せ
ない
のです。なぜなら医学は対症療法であり、病気の苦痛を軽減
することに努める
ので、一時的苦痛緩和法であり、根本的治療法
ではない
からです。



 例えを上げると、熱が出れば解熱剤を飲んだり、氷枕や水枕で
冷やそうとするし、痛みが出れば湿布や麻酔等で一時緩和を行う
し、臓器等に疾患があれば切り取ってしまおうという、一時的、
間に合わせ以外の何物でもないわけですね。



 病気が発生するには、発生する原因があり、病気が発生すると
同時に苦痛も発生することがありますが、その苦痛が発生するの
は、発生する理由があるはずです。
どんな病気でも必ず原因があ
って発生する
ので、その原因を発見することこそ医学の本領でも
あり、臓器に傷をつけることなく病気だけを除去する方法こそ真
の医学
であると思います。



 そういう意味では、この肉体的病気も精神的病気も治せる唯一
の方法は、メシヤ様に祈って手を翳す
超宗教的行為である「浄
霊」
しかありませんが、浄霊の治る原理については後で詳しく説
明することに致します。



 では何故、先ほど話したような、そういう本当の、真の文明が
出来る時が来たのかということですが、それを説明をする前に、
まず、この世の中の構成から話をしなくてはいけません。







 《3つの世界によるこの世の構成、       
      「物質界」「空気界」「霊界」》



 この世の中には、実際に目に見えたり触ったりすることの出来
る物質の世界があり、これを我々は
「物質界」又は「現象界」
言ってます。それから、目には見えないが実在が確認されている
空気の世界があります、これを我々は
「半物質」とか「空気界」
と呼んでいますが、これ二つの世界は物質でありますから、これ
を合わせて我々の方では
「現界」というふうに呼んでいます。



 ところがその奥にもう一つ「非物質」の世界、「霊界」という
のがありますが、これは実際、存在してはいるんですが、今の科
学では発見できてない、目に見えない未知の世界のことですが、
それを我々は
「霊界」と呼んでいます。また、この非物質のこと
「霊気」ともメシヤ様は呼ばれており、体と霊が一体となって
全てのものが存在しているということなのです。



 物質世界は当然目に見える世界なのでわかりますが、人智が進
むに従い、目に見えない空気の世界、即ち空間が発見されまし
た。しかし現代人は、霊界なる世界を現在の科学では発見できず
にいるので、実在しているのにも係わらず、多くの人はそういう
ものは無いものとして現在まできています。



 それがため「霊」とか「霊界」とか、そういう言葉を使うと迷
信のように見られたり、インチキ宗教のように見られたりして、
却ってそういうものを否定する事が有識者の資格とさえ見られて
いる現在です。