個人のプライバシーに関する
記述および個人を特定できる
ような記述は編者の独断で
省略していますので、文章に
つながりがない場合があるか
もしれませんが、ご了承くださ
いませ。


また、テープ起しの為、聞き
取りにくい箇所等の表記ミス
も時にはありますので、それ
ら了解の上でお読みください
ませ。

本祭典挙行に伴う変更点 平成30年(2018)メシヤ講座

年   月
    主な内容
平成30年1月
301月骨子  「日と月」考  <御論文、「日と月」>  <御論文 「開教の辞」>
<国常立尊様と観音様との関係>  <月の神>  <日の神の出現>  <世界メシヤ教復興>
<開教の辞で飛ばした処>  H301月骨子訂正の件
平成30年2月

「善言讃詞」(33日に向けての学び  <善言讃詞>  <絶対善と絶対悪> 

<青枠の方と取次の方への御礼>

平成30年3月
  <一年を振り返って>  『・亡くなる事は決定事項だった。』  <一年間の主な御神業>
 昭和29615日のメシヤ降誕仮祝典のやり直し  〇伊都能売大御神様御出世奉祝大祭
〇メシヤ様御降臨祭  〇節分祭と立春祭  〇教祖祭  
<我々はメシヤ様の御存在の大きさとメシヤ教の存在を知ればいい>  <世界メシヤ教教義>
 平成30年4月  本教救ひの特異性
 平成30年5月
 本祭典に至るまでの経緯   本祭典の意義  本祭典挙行に伴う変更点
 平成30年6月
太陽神についての学び 庭山顧問の骨子 なぜ太陽神か  余話1 太陽神あれこれ
余話2 私は化けている  (3)伊都能売神(観音様)と無限(4)相対性理論と伊都能売神
余話3 宗教と科学の一致  余話4 ノーベル賞と神様の解剖(5)天照皇大御神と伊都能売神(観音様余話5 実践 余話6 無神論  3 皆様方の学びに向けて 2(1)なぜ太陽神か
 平成30年7月
 本祭典に至るまでの経緯  本祭典の意義
 平成30年8月
 太陽神についての学び(その2)太陽神の学び(その1)事例検討  今後の学びについて
 平成30年9月
<空海と最澄>  <密教とそれまでの仏教の決定的違い その1>
<密教とそれまでの仏教の決定的違い その2>  <理趣経とは>  <真言密教と大祓祝詞の共通点>
 
 
   
 
 

 

 平成29年(2017)メシヤ講座

年   月
    主な内容

平成29年1月
《御教えを拝読しての支部長の覚りの報告》  《支部長代理の覚りは・・・》         
《出張所責任者の報告》   《今年はメシヤ様が進められた御神業を一層表わしていく年に》  
《教団護持委員会当時の活動の一コマ》    《御降臨祭での代表の決意》          
《天津金木についての解説》         《自分の霊性を高める取組みを・・・》     
《御神業はメシヤ様との共同作業》      《今迄の所属教団の癖を取る努力を》      
《代表の今年の決意》

平成29年2月
《この度の支部長の覚り》   《支部長代理の覚り》   《出張所責任者の覚り》       
《大神命とは・・・》  《節分祭でのお詫びとは・・・》 《自らの癖を見つめ特性を生かす》  
《御神体をお迎えして日々の生活を送る》  《3月3日を迎えるための整理を・・・》      
《メシヤ教に力を与えるとは・・・》    《立春祭の霊視の意味するものは》        
《浄化作用の意味をしっかり理解する》   《メシヤ教の信者は地獄へ行けない》
平成29年3月 掲載なし
平成29年4月 掲載なし
平成29年5月
《この度の支部長代理の覚り》   《世界救世(メシヤ)教の復興推進教団として・・・》     
《世界救世教と世界救世(メシヤ)教の違い》    《天照皇大御神様について》         
《本祝典と仮祝典について》    《今という時の認識》   《霊層界の学びについて》    
《信者であるという自覚が・・・》 《過去現在未来のお働き》   《犬猿雉のように》    
《悪のトドメと霊性の向上を願って・・・》  《受講者の体験話・・・夢知らせ》       
《御教えの拝読について・・・》
平成29年6月 掲載なし

平成29年7月
「平成二十九年六月十五日[地上天国祭]の意義と想念のあり方について」              
「霊層界」についての学び等
平成29年8月  平成29615日のメシヤ降誕仮祝典の総括  天の巻
 平成29年9月

【御教え】真の大乗宗教  【御教え】信仰の合理性と再浄化  【御教え】苦集滅道道法礼節
平成29年メシヤ講座9月度の骨子  平成29年メシヤ講座9月度の骨子 不要部ご指摘の個所の見解

平成29年10月

平成29年メシヤ講座10月度の骨子

平成29年11月

平成2911月度 メシヤ講座骨子  <三者の開教宣言>  <我々は55日だからね>

<「夜の終り近づけり汝等悔い改めよ」から>

 平成29年12月

2912月骨子  <因縁に就て>  <霊界御帰還>  <何故、世界メシヤ教復興なのか>

  <メシヤ降誕仮祝典>  <役割分担>  <伊都能売神御出世奉祝大祭> 

<伊都能売観音様と代表との因縁>  <H291223日の意義と御神名>

<千手観音様御神体の意義>  <更に決定的な事を開陳すれば>